決勝で涙も中井卓大が見せた凄まじい成長度! モドリッチ2世との評も頷けるプレーとは?

カテゴリ:ワールド

中村僚

2019年04月22日

スケール感が増幅した中井。

FC東京との決勝に敗れて悔し涙を流した中井。この経験もまた成長の糧となるはずだ。 写真:滝川敏之

画像を見る

 最終的に敗れて、悔し涙を流した中井だが、大会を通じて安定したプレーを披露したと言える。とりわけ目についたのは、フィジカル面の成長だ。

 昨年の大会では、か細く華奢な印象を持ったが、今年は「身長は180センチあります」という本人の言葉通り、縦にも横にも一回り大きくなり、相手のチャージを腕で抑える場面も見られた。また、不用意にボールを失う場面もほとんどなく、明らかにプレーの安定度が増し、「困った時に出しておけばいい」という選手になっていたように見える。
 
 昨年に『サッカーダイジェストWeb』に寄稿したコラムで筆者は、「重要なピースではあるが、代えの利かない存在ではない」と記した。だが、今年はプレースタイルはそのままにスケール感を増幅させ、代えの利かない存在になりつつあるという印象を抱いた。トリスタン・ダビド・セラドル・ロドリゲス監督が「モドリッチに近い選手になれる」と太鼓判を押したのも頷ける成長ぶりだ。

 大会連覇を果たせず、悔しい結果でスペインへ戻ることになった中井。しかし、日本サッカー界期待の大器の成長度は、現時点で順調そのものと言えるのではないだろうか。

取材・文●中村僚

【中井卓大PHOTO】最終日は決勝で散る!笑顔に号泣、”ピピ”の貴重なカットが満載!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ