宮本監督が言う「ガンバがここ数年抱える」問題。中盤の組み合わせはどうするべきか

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年04月15日

ボランチを3枚にしてみるのはどうか。

苦しい結果のなかでも、遠藤は「良い攻撃はあった」と前を向く。写真:山崎 賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 浦和戦の黒星でリーグ3連敗では、当然、何か手を打たなければいけない。現在、求められるのはバランスだ。それなら、ボランチを3枚にしてみるのはどうか。
 
 具体的には、アンカーに今野か遠藤を置き、その両脇に倉田と高を配置する。中盤のバランスを保てるベテランが最終ラインの前にいれば、ハード―ワーカーはよりいっそう力が発揮されるかもしれない。
 
 今季は速攻と遅攻の使い分けを志向したが、現状ではどちらか一方しかできていない。ならば、遅攻のベテラン、速攻の倉田と高、それぞれの戦術を体現できる選手を、同時に起用する策である。

 もっとも、これは中盤に限った話であり、4-1-4-1か4-3-3、もしくは3-5-2など、全体のシステムを変える必要が出てくる。そのため、あくまで一案に過ぎないが、どんな戦い方をするにしても、心臓部である中盤が鍵を握るのは間違いない。
 
 リーグ3連敗のなかでも、「良い攻撃も出ていた」と遠藤保仁は言う。ポジティブな面は維持しつつ、どんな改善策を講じるのか。降格圏目前の15位まで順位を落とした苦しい状況で、宮本監督の手腕が問われる。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ