「あの番組ができたのはかなり大きい」山形vs.琉球戦で起きたPKジャッジ問題とGKコーチの切なる想い

カテゴリ:Jリーグ

頼野亜唯子

2019年04月09日

今回のファウル判定がスタンダードになったら、GKはPKを止められるのか?

二度目のPKでは琉球の鈴木孝がしっかりと決め、山形は先制を許す展開に。その後、山形が追いつき試合はドローに終わった。(C) MOTNTEDIO YAMAGATA

画像を見る

 ミックスゾーンの隅で、高山明泰強化部長に必死で訴えかける土屋GKコーチの姿はあまりにも印象的だった。スマートフォンで映像を再生して見せながら、あのセーブシーンを審判アセッサーとの意見交換で取り上げてくれるよう直訴していたのである。
 
 「(ファウル判定の瞬間は)ベンチから見えないところもありましたが、試合後にリプレイで確認しても、どうしてもファウルに見えない。正しいプレーだと思ったので、そこは聞いて欲しいと強く言いました」
 
 実はこの試合の前、土屋はPKになった場合の対策を櫛引と話し合っていた。だから、PKとなっても土屋はベンチで「止めるから大丈夫です」と周囲に宣言した。その確信どおりの櫛引のセーブは、GKコーチの目から見て「完璧だった」という。それだけにファウルの判定が悔しくてならなかった。
 
 「キーパーは、失点をしないために身を削ってトレーニングをして、身体を張って、それでも点を入れられて苦しい場面もたくさんある、そういう仕事。その1本を止めるためにどれだけの努力をしているかを分かってほしい。相手の分析も含めて、あのプレーにはたくさんの要素が詰まっているんです。それがレフェリーによる正しいジャッジで反則ということであれば、もちろんそれは改善する。でも、あれはそうではないと思ったので、憤りはありました」
 
  アセッサーとの意見交換でも「ジャッジリプレイ」でも、厳密に言えば判定は正しいという前提に立っており、「誤審」とみなされたわけではない。それでも土屋は、議論の俎上に乗せてもらったことに意味がある、と話した。
 
 「あの番組は当然、審判の方々も見ていると思うので、あれは取らなくていいという認識になると、僕は思っています」
 
 ところで、もしも今回のファウル判定がスタンダードになった場合、果たしてGKはPKを止めることができるのだろうか。土屋は「止められないと思う」と即答した。PKが入るまで蹴り直すことになるだろう、と。蹴り直しはイコール警告だから、「たぶん、GKが退場になります」と苦笑する。
 
【関連記事】
【J2】7戦負けなしの山形が5位から今季初の首位に浮上!! 柏は首位目前も琉球に同点弾を許す
【2019年のJ注目株】「私が死んでも帰って来るな」実業団バスケMVPの亡き母は山形CB栗山直樹をいかにして育てたのか?
【小島伸幸のJ2順位予想】策士が率いる大宮、山口、山形は着実に勝点3を掴みそうだ
早くもプロ初得点!! 山形の大卒ルーキー・坂元達裕に指揮官が大きなポテンシャルを感じるワケ
山形からポルトガル1部ブラガへ――驚きの欧州移籍を実現した20歳MF、安西海斗ってどんな選手?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ