今年の大学サッカーは1年生が面白い!関東1部の開幕戦で躍動した俊英たちを一挙紹介

カテゴリ:大学

小室功

2019年04月09日

ハットトリックを達成した筑波大の森海渡は柏U-18の出身だ

新1年生の熊澤和希(流経大)が交代出場。ボランチの選手と交代し、自身はFWに入った。写真:小室功

画像を見る

 こうした新1年生たちの活躍に堀池監督の顔もほころぶ。
 
「選手層を厚くするために、みんなに競争してほしいと思っているが、今日の勝利は勝ち点3以上の効果をチームにもたらしてくれた。自信にもつながる」
 
 このまま負けてはいられないという上級生の踏ん張りによって、どこまでチーム内が活性化するか。ポジション争いの激化を堀池監督は望んでいる。
 
 開幕スタメンとはいかなかったものの、4人の新1年生をベンチに置き、次々にピッチに送り出したのが流通経済大の中野雄二監督だ。
 
「今年の1年生は個性豊かで、能力も高い。チーム全体のバランスを考えて、しばらくは途中出場が多くなると思うけれど、大学サッカーのスピード感やフィジカルに慣れていけば、自然にプレーする時間は長くなっていく」と、期待を隠さない。
 

 4月7日、専修大との開幕戦は一進一退のゲーム展開となる。
 2-2という拮抗した展開のなか、76分に交代出場したのは先の高校選手権でベスト4入りをした尚志高(福島)出身のスピードスター、加瀬直輝だった。その5分後に同大会の準優勝メンバーである流通経済大付柏高(千葉)出身の熊澤和希も投入される。そして、3失点目の直後、清水ユース出身の齊藤聖七(昨夏の日本クラブユース選手権優勝メンバー)がピッチに立った。
 
「自分が入ったあとに失点していたので、何とか追いつきたいと思いながらプレーしていました。競り合いとか、守備の面での課題を感じます。そこを少しでも改善していきたいです」(熊澤)
 
 アディショナルタイムにPKを決めた流経大が追いつき、3-3のドローで終了。勝点1を分け合った。
 
「難しい試合になってしまったけれど、最後の最後まで諦めずに戦い、結果的に負けなかったことを評価したい」と、中野監督はポジティブにとらえた。
 
 4月6日の筑波大対駒澤大の開幕戦では、筑波大新1年生の森海渡(柏U-18出身)がハットトリックを成し遂げ、5-1の圧勝に貢献。そのニュースは大きな驚きをもって伝えられている。
 
 関東大学リーグは、ここからおよそ4か月をかけて、前期11節を消化。新風を吹き込む新1年生に今後も目が離せない!
 
取材・文●小室功(オフィスプリマベーラ)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ