「こんなの見たことない!」「世紀のクリアだ」味方のシュートを“珍クリア”したパリSGのFWに何が起こったのか?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月08日

「あのシュートは決まっていた」と本人の弁

これがシュポ=モティング(17)の珍クリア。何もなければボールは確実にラインを割っていた。(C)Getty Images

画像を見る

 4月6日のリーグ・アン第31節で、首位パリ・サンジェルマンはホームでストラスブールと対戦し、2-2のドロー。7年間で6度目となるリーグ制覇は、お預けとなった。

 勝てば優勝決定という状況で試合に臨んだパリSGは、13分にマキシム・シュポ=モティングが均衡を破り、幸先の良いスタートを切った。だが、このカメルーン代表FWが、同点に追いつかれた直後の28分に信じられない“珍プレー”を見せる。

 守備ラインの背後を突いたクリストファー・ヌクンクがループシュートを放つと、飛び出してきた相手GKの手をかすめ、ボールは無人のゴールに向かう。だれもがパリSGの勝ち越しを確信した。

 ところが、ゴールに向かって飛び込んでいたシュポ=モティングが、このボールをライン上で“クリア”。ポストに当たったボールは、ストラスブールの選手の足下へ。パリSGは絶好の得点機を逸した……。

 ベンチスタートのキリアン・エムバペが「信じられない」といった驚きの表情を見せたプレーで、勝ち越しのチャンスを逃したホームチームは、前半のうちに逆転弾を献上。終盤の82分に追いついたものの、再逆転には至らず、本拠地パルク・デ・プランスのファンと優勝を祝うことができなかった。

『ESPN』によると、シュポ=モティングは試合後、「最初はヌクンクが僕にパスすると思ったんだ。でも、彼はシュートを選んだ。それがDFに阻まれると……」と釈明している。

「すべてがあっという間だったんだ。僕がボールに触れてしまい、ポストに当たって……。(触らなければ)あのシュートは決まっていただろうから、残念だよ。申し訳なく思っている。でも、顔を上げて前に進まないといけない。つらいけど、前進するよ。サッカーとはこういうものだ」
 
 この衝撃のクリアに、ファンももちろん反応。次のような嘲笑コメントが続々と寄せられている。
「こんなの見たことない!」
「世紀のクリアだ」
「最高のディフェンダー」
「説明してよ」
「終わったと思ったシーズンが再開した」

 14日に開催される第32節で2位のリールと対戦するパリSGは、引き分け以上で優勝が決まる。汚名返上を期すシュポ=モティングのプレーに注目が集まりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ