勝負師ツネ、会心の采配! なぜガンバ大阪は土壇場でJ1王者を寄り切れたのか

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年03月17日

「交代ですか? あえてする必要はないと思ってました」

今季の公式戦5試合目でようやくのクリーンシート達成。新助っ人CBキム・ヨングォン(19番)の調子も上向きだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

「交代ですか? あえてする必要はないと思って見ていました。流れとして、残り10分を切ったあたりからこっちにも1点を取れるチャンスがかならず来る。もちろん相手にもあるやろうし、どちらに転んでもおかしくないなかで、このまま行きたいと思った」

 実際、ガンバは藤春廣輝が、川崎はレアンドロ・ダミアンがビッグチャンスを迎え、ともに決め切れなかった。そして浪速の雄の“3ポイント”への執着が見事結実するのだ。

 アディショナルタイム1分、小野瀬康介のパスを中央で受けたアデミウソンが、素早く持ち出して左サイドに展開。倉田がタメると、颯爽と背後を駆け抜ける藤春へ絶妙なパスを送ってサイドを抉る。高速のグラウンダークロスが送られ、ニアでファン・ウィジョが潰れ、ボールがファーへ流れて──。待ち受けたのは、なんと一気に攻め上がっていた右SB、三浦だった。冷静にゴールへ蹴り込み、歓喜の瞬間を享受した。

 
 試合中、タッチライン際で宮本監督は三浦に発破をかけていたという。

「このまま0-0で行けば、絶対にチャンスが来るからそこを狙っていこうと、弦太にはライン際で語りかけていました。ハーフタイムにもみんなに、とにかくゼロで試合を進めよう、そうすれば勝機は見えてくるはずやと」

 さらにこう続ける。

「3試合を終えて、とにかく失点が多い。まるで意図するシーズンじゃなかった。そこに選手たちも危機感を持って取り組んだ結果やと思いますし、練習からそういうものを求めていかなきゃいけないんだと、僕自身もあらためて思わされた。今日はある程度相手にボールを持たれても我慢強く対応して、(自陣の)エリア付近からボールを押し返すところがしっかりできていましたね。ただ、ショートカウンター気味の攻めは良かったんですが、ボールを持ったときにもっとリズムを変える動きや、パスの質が必要。まだまだ課題は少なくないです」

 今季公式戦初のクリーンシートを、J1王者を相手に決めた。思い起こせば昨季の第25節、本拠地パナスタでの川崎戦快勝を皮切りに、新生・宮本ガンバは確固たる自信を掴み、9連勝へと繋げた。敵地・等々力で得たこの手応えもまた、なにものにも代えがたい原動力となるはずだ。

 勝負師は、ひと息ついてポツリと言った。

「ホンマに今日は、選手たちがよく頑張ってくれました」

取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ