「なぜその若さでJリーグを選んだの?」ガンバ大阪期待の新助っ人、コンチャを直撃した

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月13日

サービス精神に溢れた真面目な青年

常にスマイリーに取材対応するコンチャ。電光石火のドリブルでパナスタに歓喜をもたらすか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ガンバ大阪に期待の新助っ人選手がやって来た。ラ・リーガ1部、レアル・ソシエダから期限付き移籍で加入した同国出身の22歳、ダビド・コンチャだ。3月9日に行なわれたJ1リーグ第3節、ホームでの名古屋グランパス戦でさっそくハーフタイムにサプライズ登場し、「マイド、オオキニ!」と関西弁で挨拶。いきなりサポーターの心を掴んだ。

 サービス精神に溢れた真面目な青年。左利きのアタッカーで、両サイドにトップ下、前線と攻撃的な位置ならどこでもプレーできる。ドリブルでの仕掛け、局面を打開する力は現在のガンバに足りないピース。スペインU―19代表の選出経験もある即戦力は、覚悟と自信を口にする。

「日本のリーグでは本当にたくさんゴールが生まれているし、攻撃陣が積極的にアタックするイメージ。僕自身も、日本のそんなスタイルと似ていると思う。ゴールに向かうプレーをどんどん見せていきたい」

 
 ラシン・サンタンデールのアカデミーで育ち、トップ昇格。リーガ3部、2部とキャリアを積み、バルセロナB(2部)に所属した時期もある。レアル・ソシエダでは8試合に出場。昨シーズンは怪我に悩まされたが、そのなかで新天地に選んだのが、自分のスタイルが合致すると確信した日本だった。

「日本サッカーのレベルは上がってきている。だからこそ、スペイン人選手もたくさん来るようになった。成長している素晴らしいリーグだと思う。なにより監督が、僕がここに来るように望んでくれたから」

 実は昨年から、宮本恒靖監督と松波正信強化部長の間で白羽の矢を立てていた逸材。松波強化部長は「いまウチにいる選手とはタイプが違うし、細かいところで崩せる。違いを見せられる」と期待を寄せる。ガンバでは初めてのスペイン人選手だ。

「若い世代で代表に入っているし、バルサBでもプレーして評価されている。神戸ほどのインパクトはないかもしれないけど(笑)、本人も日本でチャンレンジしたい精神が強い」(松波強化部長)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ