【森保ジャパン最新序列|MF&FW編】柴崎の相棒は? 南野vs.香川のバトルも注目

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年03月14日

中島と堂安は不動の存在

待望の代表復帰を果たした香川。代名詞の「10番」も取り戻せるか。写真:滝川敏之

画像を見る

【サイドハーフ】
◎中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)
◎堂安 律(フローニンヘン/オランダ)
〇乾 貴士(アラベス/スペイン)
△宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
 
“新ビッグ3候補”のふたり、中島と堂安は不動の存在。よほどのことがない限り、この両アタッカーの牙城は揺るがないだろう。アジアカップは右足の負傷で大会直前に離脱を余儀なくされた中島の“復活”に大きな期待がかかる。
 
 続く乾、宇佐美はともに左サイドを得意とするが、現状では堂安の控えが見当たらない都合上、久々の代表復帰となった宇佐美は右に回した。ただ、サイドハーフ全体の序列としては、乾に次ぐ四番手。クラブでもここ1か月は満足にプレーできておらず、コンディション面の不安が否めない。
 
【2トップ】
◎南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
〇香川真司(ベジクタシュ/トルコ)
〇鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー)
〇鈴木武蔵(札幌)
 
 大エース大迫勇也が背中の痛みを抱えて本調子ではなく、また攻撃面で“大迫依存症”という課題を解消すべく、FWの人選には注目が集まったが、森保一監督は鎌田、鈴木といずれも初選出となるタレントを抜擢した。どちらかが最前線のポジションに収まりそうだが、ベルギーでゴールを量産している鎌田がスタメンに近そうだ。
 
 1・5列目のレギュラーは、“新ビッグ3候補”の最後のひとり、南野で決まりだ。高い位置からの精力的な守備など、攻守両面で存在感を放ち、指揮官からの信頼も厚い。だが、背番号9も板についてきた男に強力なライバルが現われた。香川だ。今冬に新天地を求めたベジクタシュではトップ下を任され、かつての輝きを取り戻しつつある。確固たる地位を築いている南野と、経験豊富な香川のバトルは最注目だ。
 
◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー
 
文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【森保ジャパン最新序列|GK&DF編】復帰の昌子が軸に。新顔の畠中、安西にも期待

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ