争奪戦は必至!! Jクラブのスカウトが目を光らせるプロ未内定の大学生プレーヤー10選!!

カテゴリ:大学

竹中玲央奈

2019年03月09日

関係者が「なぜ全日本に選ばれない?」と首を傾げる逸材も

スカウトからの評価も高かった山本。Jリーグ入りが確実視される選手だ。写真:竹中玲央奈

画像を見る

MF
明本考浩(国士舘大/3年/関東B北信越選抜)
攻守に渡って積極的にボールに絡み、3日連続で開催されるタフなこの大会でも落ちることのない運動量を印象づけたボランチ。球際で戦う姿勢に加えてボールさばきの面でも良さを出し、大会ベストイレブンに選出。表彰後、某クラブのスカウトが声を掛けるシーンも見受けられた。
 
 
MF
森下龍矢(明治大/3年/全日本大学選抜)
昨年夏の総理大臣杯において明治大の優勝に貢献した快速ドリブラーは、この大会でも自身の持てる特長をいかんなく発揮。サイドバックとサイドハーフの両方をこなすなかで、攻撃面でそのストロングポイントを余すことなく見せてくれた。下部組織に所属した磐田への復帰となるか?
 
 
MF
森 俊貴(法政大/3年/関東選抜A)
サイドハーフを主戦場とし、対面の相手を消しながら攻撃参加もできる玄人好みのMF。縦への上下動が持ち味で、逆サイドからのクロスに対してボックス内へ飛び込んでいく攻撃的な姿勢やクロスで存在感を出した。札幌をはじめ複数クラブが注目する存在だ。
 
MF
高嶺朋樹(筑波大/3年/全日本大学選抜)
関西選抜との初戦では圧巻の中盤の底でのゲームメイクから潰し、そしてセットプレーから1アシストを記録。また、ロングレンジの無回転シュートで上田のゴールも呼び込んだ。攻守両面でハイクオリティなプレーができる左利きボランチは、古巣である札幌への思い入れが強い。仮に他チームからアプローチを受けたとしても「コンサでやりたい」とぶれない思いを持つ。
 
 
MF
山本悠樹(関西学院大/3年/関西選抜)
ボールをまったく奪われず、相手の圧力がかかる中でもゴールに直結するパスを配給するその姿を見て、多くの関係者が「なぜ全日本に選ばれない?」と首を傾げていた。関西選抜における攻撃の心臓として全日本大学選抜との試合でも直接FKを叩き込むなど、地域選抜の中で最も輝いた選手と言って良い。FC東京と京都のキャンプに参加済みだが、これから選択肢が増えてもおかしくない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ