「最悪な初戦」浦和戦で完敗のブリーラムにタイ・メディアは失望感を隠せず、剛腕オーナー夫婦も厳しい表情…

カテゴリ:Jリーグ

佐々木裕介

2019年03月08日

ブリーラム・Uが誇る自慢の若手たちも沈黙…

ブリーラムは、2ゴールの活躍を見せた橋岡など浦和の若手を抑えきれなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今季リーグ開幕から2試合を消化しているが共に引き分け、公式戦3試合連続で勝ちに見放されているブリーラム・U。自慢の若手たち、MFササラック・ハイプラコーンやFWスパチャイ・ジャイディッドは鳴りを潜め、今季好調を維持しているMFスパチョック・サラチャートでさえも浦和を相手に仕事をさせてもらえなかった。まさに完敗だった。
 
 この試合でもベンチに陣取った剛腕オーナー夫婦、ネーウィンとカルナが“慣れない”敗戦に見せた試合後の厳しい表情が今のチーム事情を物語っていたのかも知れない。
 
 ACL同組には浦和の他に、“Kリーグ覇者”全北現代(韓国)、“中国FAカップ覇者”北京中赫国安(中国)が同居する、いわば“死の組”。グループリーグはあと5試合を残すが、早急に対応策を講じなければACLは愚か、国内リーグでさえも足もとを救われかねない。
 
 魅力ある選手は多い。しかし、まだまだ勝ちにこだわった闘う集団としては成立していない印象を強く受ける。“イサーンの巨人”はこの難局にどう向き合うのだろうか。王者の誇りをアジアの舞台で示して欲しい。
 
取材・文●佐々木裕介(フリーライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ