「巨大な疑問が残った」ヴァーディーの“交代出場→即PKキック”にご意見番リネカーが苦言

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月11日

「寒いなか、ボールを触ったウォームアップもなしで…」

スパーズ戦で出色の出来だったのが今冬の新戦力ティーレマンスだ。ベルギー代表MFがレスターを再浮上させる救世主となるか。(C)Getty images

画像を見る

 自身のツイッター上で疑問を投げかけたのが、古巣レスターへの愛情に溢れる元イングランド代表FWガリー・リネカー氏だ。英公共放送『BBC』の名司会者は「あんなシーンがこれまでにあったかどうかは分からない」と前置きしたうえで、「巨大な疑問が残ったよ。交代で出てきたプレーヤーがそのままペナルティーを蹴るなんてね」と呟いた。

 これにはフォロワーからさまざまな意見が殺到。「なんだかジェイミーが外しそうな気がしたよ」「ガリーの言う通りだ」「(キッカーは)マディソンでなんの問題もなかった」と同調する者がいれば、「失敗したからとやかく言うのはフェアじゃない」「任されたからには決めるのがプロだろ」「ジェイミーは蹴りたくて蹴ったんだ。なにが問題?」など、反論も少なくない。

 そこでリネカー氏はさらにこう書き加えた。

「うーん、ペナルティーというのがどれほど特別なものか理解してもらえているだろうか。スポーツの世界ではごく小さなパーセンテージでも、大きな違いとなることがある。寒いなかで、ボールを触ったウォームアップなどしていない状況だ。しかも計り知れないプレッシャーがかかる。(PKを)ミスする可能性はおのずと高まるというものだ」

 自身もPKの名手だっただけに説得力はあるが……。

 
 いずれにせよ、心配なのはレスターだ。ここ5試合で1分け4敗と勝ち星に見放され、ピュエル監督は悪しき流れを断とうと、ヴァーディー外しのショック療法に打って出たのだろう。今冬の新戦力ユーリ・ティーレマンスが初先発で上々のパフォーマンスを披露するなど収穫もあったが、勝負所で決め切れず、好調スパーズの返り討ちに遭ってしまったのだ。順位もずるずると中位に落ち込んでおり、下手をすれば残留争いに巻き込まれる危険性まで孕んできた。

 ちなみに岡崎慎司はスパーズ戦の88分に登場。同点ゴールに絡むプレーが期待されたが、ほとんど見せ場は訪れなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月1日発売
    夏の恒例企画が登場!
    2019-2020シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ