アグエロがプレミア記録のハットトリックで大爆発! マンCがチェルシーに“衝撃的大差”で圧勝

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月11日

完膚なきまでに打ちのめされたチェルシーはトップ4から陥落

攻撃陣の調子の良さが光り、シティはアグエロのハットトリックを含む6発で大勝した。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間2月10日、プレミアリーグ第26節が行なわれ、マンチェスター・シティは本拠地でチェルシーを迎え撃った。

 優勝戦線にも影響を及ぼす、注目の上位対決は、開始早々の4分にホームチームが均衡を破ってみせる。

 シティは敵陣で奪ったFKの場面で早めにリスタートし、これを右サイドで受けたB・シウバがゴール前に鋭いクロスを供給。ボールはファーサイドに流れるも、ここに飛び込んだスターリングが豪快に蹴り込んだ。

 早々に先手を取ったシティは勢いそのままに追加点を奪う。

 13分、敵バイタルエリアでボールを受けたアグエロがDF3人を引きつけながら右足一閃。これが相手GKケパの右手をかすめてゴール右上隅へと突き刺さった。

 圧巻のゴラッソを決めたシチズンズのエースは6分後に相手のミスを突いて、再びネットを揺らす。

 左サイドからのクロスをチェルシーのD・ルイスがクリア。これをバイタルエリアにいたバークリーがまさかのマイナスクリア。このゴール前にこぼれた球に反応したアグエロがダイレクトボレーでねじ込んだ。

 怒涛のラッシュに動揺するチェルシーを尻目にシティの勢いは止まらない。25分にはゴール前からこぼれてきたボールに反応したギュンドアンが、エリア外から狙いすましたシュートを決めた。

 大差をつけられたたチェルシーは、アザールを中心になんとか状況の打破を図るも、統率の取れた相手の堅牢を崩す術を見出せず……。結局、目立ったシーンを創出できないまま、無得点で前半を終えた。
 
 クロスゲームになるという戦前の下馬評を覆し、予想外の点差がついた試合は、後半もホームチームが主導権を握る。そして、55分に決定的な5点目が生まれる。スターリングがエリア内で倒されて得たPKをアグエロが難なく沈めた。

 アラン・シアラーが持つプレミアリーグ記録に並ぶアグエロのキャリア11度目のハットトリックで5点差として趨勢を定めたシティは、その後も、まさに意気消沈といった様子のチェルシーを寄せ付けることなく試合を進めた。

 大差をつけられて、完全に戦意を喪失したチェルシーは、ポゼッションは高めたが、持たされているという印象が否めず。65分にロフタス=チーク、73分にエメルソンと、矢継ぎ早の交代策で流れを変えようともがいたが、それも奏功はしなかった。

 リードを広げてもなお、ペースダウンせずに優位性を保ち続けたシティは、自陣にチェルシーをほとんど寄せ付けない王者らしい戦いぶりを披露。そして80分に相手の息の根を止める一発を見舞う。

 敵バイタルエリアでボールを持ったシルバの左への鮮やかなスルーパスに反応したジンチェンコがゴール前へグラウンダーのクロスを送ると、エリア内でフリーとなっていたスターリングが押し込んで自身2ゴール目を奪った。

 6点目を奪った後も、危なげなく時間を進めたシティは、チェルシーをシャットアウト。見事に6-0の大勝。他のライバルたちにも強烈なインパクトを残す勝利となった。

 圧倒的な内容でライバルを蹴散らしたシティは、消化試合数が1つ多い状況ではあるが、リバプールを得失点差で上回って首位に浮上。一方、完膚なきまで打ちのめされたチェルシーは、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ出場圏外の6位に後退した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ