【カタール戦|戦評】欠けていた対応力と柔軟性。ゲームを左右した“魔の27分間”|アジア杯

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年02月02日

2失点を喫した序盤の戦いが試合を左右した

63分に南野が1点を返す。しかし反撃もここまでだった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 森保一監督は試合前日の会見で、3つのポイントを挙げ、「明日の試合はどういう流れになっても対応力、修正力を持って、集中を切らさずに継続力を持ってやってくれると思います」と選手たちへの信頼を示していた。
 
 そもそも森保監督はチームに“柔軟性”を求め、選手たちもそれに応えようと今大会でも奮闘してきた。
 
 だが、カタール戦の開始からの27分は、その森保ジャパンのテーマとなる戦い方をまったくできなかったと言って良い。そのツケとして「2失点はやっぱりは大きかった」と長友が語るように、大きなハンデを背負うことになってしまった。結果的にこの27分間がゲームの勝敗を左右したと捉えられるだろう。
 
 チームは発足から半年も経っていないだけに、戦い方にレパートリーがあるわけではなく、それを求めるのも酷だろう。もっともカタール戦では大きな課題が示された。選手たちは相手の出方を見て柔軟に動くことはできず、ベンチも上手く指示を送ることができなかったのだ。
 
 その意味で、カタール戦は、チームとしての実力不足をありありと感じさせられるゲームだったと言えるだろう。
 
 ただし「収穫は若い選手が成長してくれたこと。負ければ終わりというプレッシャーのなかで経験を積んでくれたのは大きい」と長友が大会を総括したように、チームとしても大きな経験値は得られた。UAEでの約1か月の活動を今後にどうつなげるか。次に待っているのは南米の曲者たちと相対する6月のコパ・アメリカだ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本1-3カタール|南野の今大会初ゴールで反撃の狼煙を上げるも追いつけず。2大会ぶりの優勝を逃す…

【サポ―ターPHOTO】UAEでは日本が人気!?決勝戦を盛り上げた両サポ―ター特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ