【カタール戦|戦評】欠けていた対応力と柔軟性。ゲームを左右した“魔の27分間”|アジア杯

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年02月02日

5バックを敷いてきたカタールに対応できず

決勝でカタールに敗れた日本。試合序盤は選手たちが戸惑う姿が見られた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・決勝]日本 1-3 カタール/2月1日/ザイード・スポーツシティ・スタジアム
 
 森保ジャパンのUAEでの冒険は非常に悔しい形で終わった。
 
 カタールとの決勝は1-3で敗戦。12分に相手のエース、アルモエズ・アリにオーバーヘッドで先制ゴールを許すと、27分にはアブデル・アジズ・ハティムに見事なコントロールショットで追加点を奪われる。69分には南野が今大会初ゴールとなる追撃弾を決めるも、83分には吉田麻也がエリア内でのハンドをVARで判定され、PKで痛い3失点目を喫した。
 
「前からプレスをかけてやっていこうと言っていましたが、なかなかハマらなかったですね。それで相手には僕らのボランチの脇のところにボールを入れられて、攻められるという状況でした」と長友佑都は試合序盤の戦いを振り返る。
 
 カタールは今大会、4バックと5バックを併用しており、日本は相手がどちらのシステムで臨んできたとしても、対応できるようスカウティングは進めていたという。
 
 
 しかし「2トップが後ろ3枚を見ていたので、それだと絶対にハマらない。そうじゃなくて、(サイドハーフの原口)元気と(堂安)律がウイング(バック)に付くのではなくて、CB(5バックの中央の3枚)を牽制するでも良かったんですが、FWを助けないとああいう感じになってしまいますよね。見ていて分かっていましたが、なかなか外から指示が出せませんでした」と、戦況をベンチで見守った乾貴士が語ったように、日本はサイドでは数的有利を作った一方で、中央では数的不利な状況が多く、カタールの攻撃を凌ぎ切れなかった。
 
 その点では大迫勇也も「相手が4バックか5バックか、どちらで来るか分からない状況でしたが、自分たちが後手を踏んでしまったのは事実です。そこは反省しなくてはいけません。サイドが数的有利な状況だった一方、真ん中で人数が足りない状況が起こってしまいました。修正ができたのは0-2になってからだったので、遅かったと思います。経験のある選手が試合のなかで変えるべきでしたし、申し訳ない気持ちはあります」と敗戦の要因を分析し、悔しさを露わにした。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ