「日本との差は"変化"」「"3無サッカー"だ」8強敗退のベント監督を韓国メディアが痛烈批判!|アジア杯

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2019年01月31日

主力が代表引退を発表し、チームの世代交代が急務だ

スタメンの固定やパスサッカーに傾倒した戦術など、ベント監督の手腕を疑問視する声が多かった。(C)AFC

画像を見る

『スポーツソウル』は、「ロシア・ワールドカップのドイツ戦の歓喜、ジャカルタ・アジア大会・金メダルの感動を、ベント監督が今回のアジアカップで吹き飛ばしてしまった」としたうえで、「ベント監督のサッカーは“3無サッカー”だと要約することができるだろう」として、次のように3つの問題点を挙げている。
 
「韓国の今大会最大の問題点は、テンポとリズムの調節がなかったことだ。韓国選手たちの体力が落ち、準備してきた戦術もなかったため、いつも一歩遅れたテンポで試合が進んだ。ボールを保持するだけのサッカーが続いたのだ。また、ベント監督はアジアカップ5試合中、終始“複製+コピー”かと思うほど、変わり映えのないラインナップを持ち出した。キム・シンウクやソク・ヒョンジュンなど長身ストライカーを招集せず、カタール戦で79分に先制ゴールを奪われると、DFキム・ミンジェを最前線に上げた場面では多くのサッカー関係者から失笑を買った。そして、感動もなかった。ベント監督は初戦のフィリピン戦からカタール戦まで、毎試合不安な試合内容と苦しい戦術駆使で、韓国のサッカーファンたちの心をつかめなかった」

 アジアカップでベスト8敗退を喫した韓国代表。大会後には2010年代の代表チームで主力となってきたキ・ソンヨンとク・ジャチョルらが代表引退を発表し、チームの世代交代が急務となるなか、「日本、世代交代に成功し優勝狙う…韓国も改善策を探さなければ」(『オーマイニュース』)、「日本の成功・韓国の失敗、明らかな差は“変化”」(『ノーカットニュース』)など、「日本に学べ」と報じるメディアもあるが、ベント・コリアがチームを立て直すことができるか注目したい。
 
文●李仁守(ピッチコミュニケーションズ)

参照元:『スポーツソウル日本版』
テンポも変化も感動もなかったベント体制、その年俸の高さは到底理解できない

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ