「日本との差は"変化"」「"3無サッカー"だ」8強敗退のベント監督を韓国メディアが痛烈批判!|アジア杯

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2019年01月31日

結果を重く受け止めるべきだと、代表チームに警鐘を鳴らすメディアもある

エースのソン・フンミン(7番)も力を発揮できず。優勝候補の一角と目されていた韓国は、カタールに敗れて大会を去った。(C)AFC

画像を見る

 アジアカップの準々決勝でカタールに敗れ、ベスト8で大会を去った韓国代表。59年ぶりのアジア制覇に期待がかかっていたなか、この結果には韓国メディアも落胆を隠せない様子だ。
 
 試合翌日には、「サッカー韓国代表、“アブダビ惨事”4強進出失敗の衝撃」(『OSEN』)、「“衝撃的な敗北”15年ぶりにアジアカップ8強脱落の屈辱」(『ノーカットニュース』)といった見出しが並んでいたが、衝撃的な敗退から1週間が経った現在も、アジアカップ関連の報道は絶えない。結果を重く受け止めるべきだと、代表チームに警鐘を鳴らすメディアもある。
 
 例えば、『news1』の「5位でワールドカップ出場、アジアカップ8強…韓国サッカー、“直視”しなければならない」と題した記事だ。「もう冷静に現実を見なければならない。“アジアの盟主”はすでに昔話になった」と切り出した記事は、韓国代表の敗退について「優勝が簡単でないことはわかるが、8強で途中下車した結果は明らかに期待以下だった」と報道。「もっとも、これが現在の韓国サッカーの立ち位置なのかもしれない」として、「信じたくない結果だが、直視しなければならない。謙虚にまた準備しなければならない」と綴っている。

 一方、代表チームの敗因も様々な角度から指摘されている。
 
「精巧でなかったパスとクロス、韓国は強くなかった」とヘッドラインを置いたのは、『FOOTBALLiST』だ。記事は、「韓国は大会中、精巧さと精密さが足りなかった。カタール戦はそれを見せた端的な例だった」と報じた。「カタール戦では枠内シュート率が20%(10本中2本)にとどまり、クロス成功率も11.1%に過ぎなかった」と振り返り、「精巧なプレーをできず単純な攻撃を繰り返した結果、エースのソン・フンミンも思うように活用できなかった」と伝えている。
 
 何より槍玉に挙げられているのは、ベント監督の采配だろう。
 
 振り返ればベント監督は、昨年8月の就任後、ホームでウルグアイに勝利し、敵地でオーストラリアに引き分けるなど6試合で3勝3分けを記録。無敗行進を続け期待を集めていたが、アジアカップで結果を出せなかったことで批判の声が集中している。
 
「ベントはソン・フンミンの使い方を知らなかった」(『国民日報』)
「ホン・チョルに続きキム・ジンスも不振…ベントの選手選考が生んだ予告された惨事」(『OSEN』)
「ベント大失敗…耐えるのは容易ではないとポルトガル・メディアも憂慮」(『スターニュース』)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ