香川真司はベジクタシュに駆け込み移籍!? 2億円の買い取りオプション付きレンタルでの加入が有力に

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月31日

すでに本人もトルコ入りとも

モナコ入りが破談に終わっていたことが報じられた香川だが、ここにきてトルコの名門への移籍が進展しているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 フランス行きから一転、トルコの名門への移籍が加速しているようだ。

 現地時間1月30日、トルコ紙『Fanatik』は、ドルトムントに所属する日本代表MFの香川真司をベジクタシュがレンタルで獲得合意に至ったと報じた。

 今冬の移籍市場でスペイン挑戦を公言していた香川。だが、その希望が叶うオファーは舞い込んでこず……。ドルトムントも移籍金を値下げして交渉に応じる構えを見せるなか、これまでにシュツットガルトとフランクフルト、フランスのボルドーなどとの交渉が報じられたが、いずれも具体的な動きはなく、今冬のマーケット閉幕を迎えようとしていた。

 そんななか、現地時間30日にはフランス誌『France Football』が、「カガワを迎えることになりそうだ。ボルシア・ドルトムントの日本人MFはリュシアン・ファブレの構想にまったく関与しておらず、行き詰まり状態にある。木曜日(31日)の夜までにユニホームを変えるだろう」と報道。急転直下でのモナコ行きが決定的となったことが日本でも一斉に伝えられた。

 しかし、同日中に状況は一変する。モナコがトッテナムからフランス人MFのジョルジュ=ケビン・エヌクドゥを期限付きで獲得することが決まったため、香川との交渉が破談に終わったとフランス紙『L'Equipe』が伝えたのである。
 
 そうしたなかでベジクタシュ移籍を断定的に伝えたのが『Fanatik』だった。

 トルコ最大の大衆紙である同紙は、30日に「ベジクタシュとドルトムントがカガワを巡って、買い取りオプション付きの期限付き移籍で合意した」と報道。そのレポート記事内では、「契約は今年6月まで。レンタルフィーが110万ユーロ(約1億4300万円)で、買い取り額は160万ユーロ(約2億800万円)になる」と具体的な情報も明らかにされている。

 同紙によれば、すでに香川はトルコ入りしており、31日に行なわれるメディカルチェックを無事に終え次第、正式に契約となる運びになっていおり、マーケットの最終日に駆け込み移籍することになりそうだという。

 欧州の冬の移籍マーケットは、現地時間1月31日にクローズする。タイムリミットが刻一刻と迫るなか、ドルトムントで不遇をかこった香川真司は移籍を無事に決められるだろうか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ