金田喜稔がベトナム戦を斬る! 「勝ったからOKという考え方もできる。でも、先にもっと大きな目標を描いているなら…」

カテゴリ:日本代表

連載・コラム

2019年01月25日

あれを続けていたら必ずどこかでボロが出る。

積極的な仕掛けでPKを呼び込んだ堂安。安定の輝きを放った。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 その流れで言えば、ディフェンスラインでのあの危なっかしいつなぎ、あれはなんとかしてほしい。権田がどれだけ(吉田)麻也を信頼しているのかはわからないけど、背後に敵が迫ってきている状況でセンターバックにパスを出すことに、いったいどんなメリットがあるのか。

 しかも、そうした危険な場面が1試合を通して何度かあった。1点差で勝っているゲーム、大差をつけて勝っているゲーム、あるいは引き分けや負けていたりと、いろんなシチュエーションがあるけど、そのときの状況に応じてどうプレーすべきかを、もう少しチームの中で共通理解を高めたほうがいいよね。

 1点差であればもっとセーフティーにプレーしていいと思うし、ああいったプレーを続けていれば、必ずどこかでボロが出る。きれいにプレーしようとしているのか、良い恰好をしたいだけなのか、あるいはベトナムを見下していたのかはわからないけど、いずれにしても、あの状況にふさわしいプレーではなかったよね。
 
 ベトナム戦で個人的に良かったと思ったのは、柴崎と堂安だ。

 柴崎は味方の動きに無理に合わせようとするんじゃなく、自分のアイデアに沿ってゲームを動かしているという感じがした。より司令塔らしさが出てきたというのかな。ワールドカップのときと比べたらまだ物足りないけど、非常にいい感じできてるよね。

 堂安はコンスタントに活躍できている。やはり、カットインからのシュートという自分のスタイルというか、フィニッシュまでの形を持っているのは強いし、試合の終盤になっても頭が疲れないというか、どんどん新しいアイデアを出してくるあの感じが、すごく頼もしい。もちろん、ドリブルの技術も高いしね。

 攻撃の堂安、そして守備の冨安。この若いふたりは、いまやチームに不可欠な存在になりつつある。いまはまだ“ラッキーボーイ”的なところがあるけど、(決勝までの)7試合を戦い終えた頃には、押しも押されもしない中心選手に成長しているかもしれない。

 逆に言えば、彼らがそういった中心選手としての存在感を継続して放つことができれば、日本は今大会に優勝することができるんじゃないかな。

 南野にも惜しいシュートが何本かあったけど、やっぱり彼は大迫とコンビを組んだ時のほうがやりやすそうだね。北川とはどうしても動きがかぶってしまう。実際、ベトナム戦でもそんな場面が何度かあった。

 その北川は、徐々にらしさも出てきているけど、まだまだ物足りない。というのも、彼の仕事は直接得点に絡むことだからね。原口のクロスに頭で合わせたシーンがあったけど、ああいうプレーを、これからもっともっと増やしていってほしいものだね。

【日本代表PHOTO】日本1-0ベトナム|PKの1点を守り抜いた森保ジャパンがアジア杯ベスト4進出!

【PHOTO】美女に謎の被り物をしたおじさん…日本戦を盛り上げた大熱狂のベトナムサポ特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ