恐るべしイラン!中国を粉砕して日本が待つ準決勝へ。FWアズモンは要警戒|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月25日

立ち上がりから圧倒して前半に2得点。後半は終了間際にトドメの3点目

中国戦で2点に絡んだアズモン(右)を抑えられるかが準決勝の鍵。先制点を挙げたタレミ(左)が出場停止になったのは、日本にとって追い風だろう。(C)AFC

画像を見る

 アジアカップ準々決勝の中国対イランが24日に行なわれ、イランが3-0で完勝して日本が待つベスト4へ駒を進めた。
 
 前半は終始、イランが圧倒した。18分に相手DFのミスを見逃さなかったアズモンが高い位置でボールを奪い、フリーのタレミにラストパスを通して先制点を奪う。さらに26分にセットプレーから決定機を作ると、31分にもアズモンが魅せた。中国の最終ライン裏に出されたフィフティフィフティのボールに反応してDFに競り勝ち、GKもかわしてゴールに流し込んだのだ。
 
 後半は前がかりになった中国の猛攻を受けて劣勢に立たされたが、それでもイランは要所を締めつつ、カウンターでチャンスをうかがう。試合終盤の90+1分にはDFのミスを見逃さずに高い位置でボールを奪い、アンサリファルドがトドメの3点目を奪って勝負を決めた。誤算だったのは、67分にイエローカードを受けたタレミが、累積警告で準決勝を出場停止になったことくらいだろう。

 日本とイランによる準決勝は現地28日に行なわれるが、日本が警戒すべきはFWアズモンだ。186センチの長身ストライカーは、スピード・パワーともに規格外。中国戦でのゴールシーンのように、裏のスペースに流れたフィフティフィフティのボールをモノにして、ひとりでゴールを陥れてしまう。
 
 また、イランはここまで5試合で無失点と守備も抜群の安定感を誇っている。つけ入る隙が無いわけではないが、フィジカルを押し出した局面の激しさやプレッシングの早さには、日本も苦労させられそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ