【選手権】準決勝のハットトリックは07年度の大前以来!! 尚志の2年生エース染野唯月が示した底知れぬポテンシャル

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年01月12日

2年生エースが覚醒するきっかけになった試合は?

ポテンシャルを示した染野。来年こそ悲願の日本一を掴むべく、チームを勝たせられる選手になることを誓った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 そこから逃げずに自身と向き合い、FWとして何をすべきかを自問自答。そして、昨年12月の高校年代最高峰のプレミアリーグ参入を懸けたプレーオフ2回戦が転機となる。染野は勝てば昇格となる横浜ユース戦に先発し、試合終了間際にヘディングで決勝点を叩き込んだのだ。

「マリノス戦でもそうですが、自分がやらなきゃいけない立場になったと感じた。自分が変わった試合はマリノス戦。そこが一番の転機だと思います」

 こう言い切ったストライカーは選手権で一気に躍動。掴んだ自信は瞬く間に結果に結びつき、3回戦から準決勝まで3試合連続ゴールを決めるほどのプレーヤーへと成長した。

 正確なポストプレーに豊富なシュートバリエーション。今大会で染野が見せた動きは、参考にしているという日本代表の大迫勇也(ブレーメン)を彷彿させた。今後は「どんなに体格差があってもボールを収められるようにしたい」と本人が口にした課題を克服できれば、高卒でのプロ入りもより現実的になってくる。選手権で大化けしたストライカーの今後が楽しみだ。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)
【関連記事】
【選手権】青森山田の怪物1年生が示した“末恐ろしい大器の片鱗”
【高校サッカー勢力図】2018選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキングを発表!! あなたの出身地は何位?
【選手権】決勝は青森山田vs流経大柏!! ともに二度目の優勝を懸けて、いざ頂上対決へ!
【選手権】歴代応援マネージャーを一挙紹介! ガッキー、初代・堀北、広瀬すず&アリス姉妹と絢爛豪華!
【選手権】初の決勝を目指す尚志、「東北2番手」の評価を覆せるか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月14日号
    9月22日発売
    J1・J2リーグ
    注目11クラブの戦術検証&
    オリジナル10のクラブ全史
    クラブダイジェストは横浜!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ