【選手権】初の決勝を目指す尚志、「東北2番手」の評価を覆せるか?

カテゴリ:高校・ユース・その他

平野貴也

2019年01月11日

1年前の東北新人大会では0-1の敗戦。

準決勝では同じ東北の青森山田と激突。初の決勝進出なるか? 写真:滝川敏之

画像を見る

 やっと並んだ。マラソンの先頭走者に追いついた気分だろうか。第97回全国高校サッカー選手権大会に出場している尚志(福島)は、12日の準決勝で青森山田(青森)と対戦する。国内最強クラスの力を誇る東北最強チームと同じ舞台で戦うことができるのだ。
 
 両校は、ともに東北地方を代表する強豪校だが、無視できない差がある。青森山田は、ユース年代最高峰の高円宮杯U-18プレミアリーグEASTが主戦場。2年前にはプレミアリーグと高校選手権で二冠を達成している。一方、尚志は、プリンスリーグ東北が主戦場で、同リーグに参加しているのは、青森山田のセカンドチームだ。昨年は、セカンドチームに優勝を許す屈辱も味わった。尚志の仲村浩二監督は「こんなことで良いわけがない」と巻き返しを誓っていた。
 
 今季、尚志はプリンスリーグ東北で優勝。参入戦でJユースカップ王者の横浜ユースなどを倒して来季のプレミア復帰を決めている。いつまでもワンランク下、東北2番手という立ち位置に甘んじている気は、ない。今大会では東福岡(福岡)、前橋育英(群馬)といった優勝候補を次々に撃破。ついに、普段はリーグ戦で戦えない青森山田のトップチームとの対戦を迎えることになった。この試合を勝つことは、日本一という夢に王手をかけるというだけでなく、青森山田に引けを取らないチームであることを証明する意味も含まれる。
 
 リーグ戦では実現しないトップチーム同士の対戦は、ほぼ1年前。東北の各都道府県の新チーム王者が集う東北高校新人サッカー選手権大会の決勝戦だ。尚志は、前半の終了間際にDFフォファナ・マリック(3年)が退場になり、後半に与えたPKにより0-1で敗れたが、主将の大川健(3年)は「試合を通して、悪い流れではなかった。1失点したけど、感触としては悪くなかった。やれる自信はある」と雪辱を誓った。
 
 1年間でチームはたくましく成長した。元々、攻撃面で特徴のある選手は多いが、今大会は、守備でも大きな進歩を示している。プレミア参入戦に出場していたDF馬目裕也(3年)、DF中川路功多(2年)が負傷。代わりに出場したDF黒澤哲哉(3年)が準々決勝は累積警告で出場停止となったが、ボランチが本職の大川が代役を務めるなど総力戦で凌いできた。なかでも、本来は攻撃力を持ち味とするDF高橋海大(3年)が、高い身体能力を生かして相手のエースキラーとしての役割を全う。チームの課題だった守備面は、力強さを増した。準々決勝から準決勝まで1週間の期間があり、馬目ら負傷者の回復が期待できるほか、黒澤が出場停止明けで戦線復帰できるのは強みとなる。
 
【関連記事】
【高校サッカー勢力図】2018選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキングを発表!! あなたの出身地は何位?
【選手権】青森山田の怪物1年生が示した“末恐ろしい大器の片鱗”
【選手権】7年ぶり4強の尚志、快進撃の礎となったのは震災から復活した国内初のトレーニング施設だった!
【選手権】安部裕葵のような逸材を擁さずとも――。弱者から生まれ変わった瀬戸内が難敵・流経大柏に挑む!!
【選手権】「今年は“流経大柏の大会”に」昨冬準優勝の”千葉の雄”は悲願の日本一を掴み取れるのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月7日発売
    2018-2019欧州サッカー
    「優良クラブ」ランキング
    もっとも費用対効果が高いのは?
    フットボールマネー最新事情
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ