【選手権】準決勝のハットトリックは07年度の大前以来!! 尚志の2年生エース染野唯月が示した底知れぬポテンシャル

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年01月12日

今冬は5戦5発!この準決勝の3ゴールで得点王の可能性も

鮮やかに3点を奪った尚志の染野⑨。先輩たちもこの2年生エースの成長ぶりに目を細めていた。写真:田中研治

画像を見る

[高校選手権・準決勝]青森山田 3(4PK2)3 尚志/1月12日/埼玉

 ポテンシャルを証明するには十分なハットトリックだった。
 
 1月12日、高校サッカー選手権の準決勝が行なわれ、尚志の染野唯月(2年)は青森山田に敗れたものの3ゴールを奪取。セミファイナルでのハットトリックは2007年度の大前元紀(大宮)以来の快挙だ。PK戦で敗れた試合後、染野は「自分としては良かったけど、チームが負けてしまったことが一番悔しい。チームを勝たせられなかったのは、本当に情けなかった」と唇を噛んだが、大舞台での3発は胸を張るべき結果だろう。

 この日の染野は誰が見ても抜群だった。福岡入団内定の三國ケネディエブス(3年)や札幌入団内定の檀崎竜孔(3年)を擁する高体連屈指の強豪に対し、足元の柔らかさを活かしたポストプレーと高質な決定力を如何なく発揮。

 前半26分に沼田皇海(3年)のFKからニアサイドに走り込み、右足で先制点をゲット。そして1-2で迎えた68分、右サイドを突破した加瀬直輝(3年)の折り返しを受けると、ペナルティエリア内でGKも含めてふたりをかわして左足でシュートを放つ。「ゴール前で落ち着いている自分の良さが出たゴール」と胸を張った一撃が、見事にネットを揺らす。

 一時は逆転となる3点目は周囲との鮮やかなコンビネーションで崩した形。加瀬のスルーパスから相手DFの背後に抜け出し、青森山田のGK飯田雅浩(3年)との1対1を制してハットトリックを完成させた。
 
 ベスト4で敗退したとはいえ、大会通算5得点で得点王争いのトップタイに立つ染野。しかし、春先は思うようにプレーできず、仲村浩二監督の期待に応えられていなかった。2回戦で敗退した夏のインターハイも初戦の1ゴールのみ。以降もエースとして試合を決めるような活躍はできなかった一方で、7月には新潟国際ユース大会でU-17代表に初招集されたこともあり、自身の立ち位置を勘違いする時期もあった。「代表に行った後は天狗になっていた」と、指揮官がその振る舞いに苦言を呈したほどだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月7日発売
    2018-2019欧州サッカー
    「優良クラブ」ランキング
    もっとも費用対効果が高いのは?
    フットボールマネー最新事情
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ