【選手権】初の決勝を目指す尚志、「東北2番手」の評価を覆せるか?

カテゴリ:高校・ユース・その他

平野貴也

2019年01月11日

2年生FWの染野がエースの役割を自覚を持って果たす

準々決勝では先制点を決めた尚志の染野。急成長を遂げる2年生FWだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 攻撃面では、最も得点力のあるFW伊藤綾汰(3年)が昨年12月に一時入院したため控えに回っているが、U-17日本代表FW染野唯月(2年)がフル稼働。「県大会を含め、今までは綾汰君がエースストライカーという感じだったけど、自分が点を決めてチームを勝たせようとずっと思っていたので、それが近付いているというのは、実感している」と話した染野は、前線で身体を張って仲間をけん引し、点を取って力を与えるエースの役割を、自覚を持って果たしている。
 
 攻撃も守備も、1年前とは段違いだ。しかし、青森山田戦は、間違いなく難しい試合になる。成長したのは、相手にも言えること。単純に1年前の対戦と比べても、当時、青森山田が長身DF三國ケネディエブス(3年、福岡内定)を負傷で欠いており、降雪の影響でスローインの助走が取れないため、ロングスローもなしでの戦いだった。
 
 相手より進化したことを証明するには、勝つしかない。仲村監督は「青森山田さんは、宿敵ではなく、憧れ。黒田剛監督とは2年前の日本高校選抜で(黒田)監督、(仲村)コーチとしてやらせてもらった。強さだけでなく、上手さもあって、クレバー」と同じ東北勢で最も結果を残している相手にリスペクトを示したが「そんなに苦手意識はない」とも話した。
 
 7大会ぶり2度目の4強進出に、仲村監督は「前回は選手層が薄く、厳しかったけど、今回は戦力も整って、いろいろなことができる」と前回以上の手応えを掴んでいる。準決勝は、過去最高成績に並んで満足を得る場ではない。東北のライバルを追い越して日本一へ挑戦するためのステップだ。
 
取材・文●平野貴也(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ