【選手権】立正大淞南のエースが2戦5発と止まらない! 指揮官が明かすその“圧倒的なセンス”

カテゴリ:高校・ユース・その他

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年01月02日

背番号17は──“お前がどうにかしろ”“この試合をどうにかしろ”

 淞南のエースナンバーは17番だ。南監督は「攻撃の選手が付けるわけではないし、ボランチやセンターバックの選手も付けてきた番号です。要は“お前がどうにかしろ”“この試合をどうにかしろ”という選手の番号です」と話す。藤井は「最初はプレッシャーを感じましたけど、それに見合った活躍をしようとだけ考えて頑張ってきた。2試合で5点を取れてるので、少しは責任を果たせているかなと思います」と語ってくれた。

 一度は追いつかれる苦しい展開で底力を発揮した立正大淞南。南監督はチーム力の充実ぶりに手応えを感じている。

「ゴールがたくさん入ると攻撃に目が移りがちですが、藤井と鶴野が活躍できているのは、(トップ下の)山田(真夏斗)がいいパスを供給しているからで、それを実現させているのは(ボランチの)上田(隼也)の守備。さらに後ろには(CBの)山田(祐樹)がいて、(同じくCBの)谷口(歩夢)はまだ公式戦3試合目ですからね。チームとして全体がうまく機能していると思います」

 小学校5年生だった藤井は、2011年度の選手権で国立に辿り着いた立正大淞南の快進撃を見て、「いつかは俺も!」と憧れを抱いた。あれから7年、正真正銘のエースに成長した藤井を旗頭に、“淞南の風”がふたたび選手権を席巻する。

取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ