森保ジャパンの視界は良好か?岩政大樹が分析するチームの現状とアジア制覇のポイント

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2018年12月26日

アジアカップの結果を、どう未来につなげるかが重要だ

アジアカップで台頭した人物が、その後の森保ジャパンでも軸になるはずだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 特にチームの土台となるボランチとセンターバックのところは、今の時点では横一線となっていますが、今大会の活躍が自信となり一気の飛躍を遂げる選手も出てくると思われます。その選手にとって、いつか振り返った時に「キャリアの転機」と言うことになるであろう今大会の立ち居振る舞いをしっかりと見届けておきたいと思います。
 
 アジアカップは、ここでなんらかの結果が出る大きな大会ですが、日本代表はその先も続いていきます。アジアカップを終えれば、森保監督は2022年に向けて、また新たな選手も試していくはず。2020年の東京オリンピックで台頭してくる若手もいつも以上に多いと思って差し支えないでしょう。
 
 しかし、今大会でチームを引っ張り結果にまで結びつけた選手は、安泰とまでは言わないまでも森保ジャパンの軸となっていく可能性が高いと言えます。これに匹敵する大会が、ワールドカップまではほとんどないからです。

 同時に、チームとしては良い結果も悪い結果も、それをどう未来につなげるかがより重要な大会です。アジアカップを制した後のワールドカップよりも、アジアカップを制することができなかった後のワールドカップのほうが結果は出ています。森保監督はじめ、日本代表の選手たちもアジアカップを終えれば、また次のステップ。そのきっかけはこのアジアカップで見えるはずです。
 
【著者プロフィール】
岩政大樹(いわまさ・だいき)/1982年1月30日、山口県出身。鹿島で不動のCBとして活躍し、2007年から前人未踏のJ1リーグ3連覇を達成。2010年の南アフリカW杯メンバーにも選出された。現在は解説者。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ