【クラブW杯展望】鹿島×リーベル・プレート|求めるのは有終の美。失意を払拭し、南米の雄に混然と立ち向かう

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月22日

「アジアと言えば鹿島と言われるように…」(安部裕葵)

3位決定戦にも決意を持って臨む安部。R・マドリー戦でも見せた果敢な仕掛けを披露できるか。(C) Getty Images

画像を見る

 アジア初制覇にわき、自らの手で勝ち取った大舞台への出場権。青空の下、少しほこりっぽい風に吹かれながら気温25度前後の中東特有の環境で過ごした10日あまりの日々は、かけがえのないものだ。出発前日の10日には故障の鈴木優磨や三竿健斗ら遠征メンバー外となった選手を含めた食事会を開き、全員で戦うと誓い合った。
 
 北中米カリブ海に始まり、欧州、南米と続く貴重な3連戦。安部が「これで、3位決定戦で戦えないようなチームはビッグクラブにはなれない。アジアと言えば鹿島と言われるように、個人もチームもレベルアップしたい」と決意すれば、永木亮太は「もう勝つだけ。今年最後の試合なので、なんとしても3位で終わって日本に帰りたい」と腹をくくる。日本に残る仲間とともに、すべてが混然一体となって求めるものは有終の美に他ならない。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ