再び味わった世界との差… 昌子源もレアル・マドリーの強さに「本当に力の差を感じました」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月20日

あまりにも大きかった世界との差。1-3で敗れた結果に昌子は…

最終ラインで奮戦を続けた昌子。真っ向勝負を挑んだが、世界レベルの技に屈した。(C)Getty Images

画像を見る

 クラブワールドカップ準決勝が12月19日(日本時間20日)、UAEのザイード・スポーツシティ・スタジアムで行なわれ、鹿島アントラーズはレアル・マドリーに1-3で敗れた。
 
 試合後、フラッシュインタビューに応えた昌子源は序盤の戦い方に手応えを感じた一方で、欧州王者と自分たちの間に力の差があった点を素直に認めた。
 
「相手が凄く緩いなと感じましたし、1本目のセットプレーで惜しいのもありましたし、そのほかにも良いシーンがありました。(失点は)本当に一瞬の隙だと思いますし、単純なワンツーで時間帯も良くなかった。本当に悔しいです。本当に力の差を感じました」
 
 昌子の言葉通り、鹿島にチャンスがなかったわけではない。2分に永木亮太の縦パスからセルジーニョが左足の強烈なシュートでゴールを強襲。これはGKティボー・クルトワの好セーブに阻止されたが、直後のCKでは遠藤康のキックから昌子源が飛び込んであわやという場面を作り出した。その展開を考えれば、手応えを感じたのも頷ける。
 
 だが、現実は甘くなかった。鹿島は前半終了間際から後半立ち上がり55分までの僅かな時間で守備陣が崩壊。44分、53分、55分に連続でガレス・ベイルにゴールを許した。「本当に基本的なところで一人ひとり上手いなと思いましたし、それを埋めるには相当な努力が必要だと改めて痛感しました」と、世界との差をまざまざと見せつけられた鹿島のディフェンスリーダーは天を仰いだ。
 
 2年前のクラブワールドカップ決勝で敗れたリベンジを果たせなかった昌子。今年6月のロシア・ワールドカップでも世界基準の強さを体感していただけに、その落胆は計り知れない。ただ、大会はまだ終わっていない。背番号3は気持ちを切り替え、22日に行なわれるリーベル・プレートとの3位決定戦に全力を尽くす。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ