安部裕葵を落胆させたレアルのリアルな強度「苦しすぎて、キツすぎて。相手は涼しそうに…」

カテゴリ:Jリーグ

寺野典子

2018年12月20日

落胆した気持ちをつなぎとめたのは、2年前に高校の寮で見た鹿島の選手たちの姿

安部はフル出場を果たしたが、ゴールに絡むことはできず。試合後は涙に暮れた。(C) Getty Images

画像を見る

 前半終了間際に失点し、後半10分までに2失点。ゲーム展開としてはまったくいいところがなかった。

「ひとつラインが下がった。そしてきつくなった。でも、正直、立ち上がり20分間くらいのプレーを90分間は続けられないというのはみんな分かっていた。ああするしかなかった。本当に勝ちたくて。でもプレーしてて、苦しすぎて、キツすぎて。自分の能力(に対して)、相手が涼しそうにプレーしているのを見て。なんかもう、悔しいというのを越えて。冷めた感じで相手を見ていた。相手の表情を見て、気持ちが落ちて、ふと現実に戻ったというか。心を折られるじゃないし、諦めたわけではないですが、自分たちとは明らかに違うと感じた」

 落胆した気持ちを再び盛り返すきっかけとなったのが、サポーターの声とかつての自分の姿だった。

「ゴールの方向にサポーターがいたので。その声もよく聞こえていました。0-3になっても僕の名前を呼んでくれたのが分かった。僕らは絶対に諦めないですし、みんな本当にきつかったですけど、少しでも背中で勇気を与えられたらなという思いはありました。2年前に高校の寮でみんなとテレビで(鹿島対レアル戦を)見ていた時に、鹿島の選手が必死になって走ってる姿が、今日の試合の途中に思い浮かんだ。自分も少しでもそういう姿を見せようとは思いました。その試合を見て、いろんなものを与えてもらったから、今日も当時の高校生の僕みたいに、見ている人にいいものを与えたいと思った。普段は何も考えずにプレーしているんですけど。試合中にそういうことを考えるのは初めてでした。あれは日本中に限らず、日本人があれだけやれるんだというのを示した試合だった。レアル相手だと一つの試合で与えられる影響がとてつもなく大きい。だから僕はサッカーが好きなんです。だから頑張りました。でも、あれが今の実力。あれが目いっぱいという気持ちもあれば、もっとやれたという気持ちもあります」
 
 プロとして背負うモノの大きさ、そしてそれを背負う覚悟が安部に力をもたらしたのかもしれない。だからこそ、もっと成長する必要を感じたに違いない。

「(レアルと対戦して)もっと、こういう環境でプレーしたいと思いました。自分のなかで、考え方が少しは変わったんじゃないですかね。今後、サッカー選手として成長していくためにどういう道を選択していくべきか。そして、サッカー選手として必要なことだけど、悔しい思いをするのは好きじゃない。勝って成長したい」

 南米王者、リーベルと戦う3位決定戦、勝って笑顔で終われるか? 安部の挑戦は終わらない。

取材・文●寺野典子(フリーライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ