「1年でクビ」から再挑戦で73得点。波乱万丈のJリーガー難波宏明が岐阜で愛されたワケ

カテゴリ:Jリーグ

Jリーグ

2018年12月02日

30歳を過ぎてのキャリアハイ。達成できたふたつの要因とは?

プロキャリアの最初のクラブは横浜FC。6シーズンを過ごして、その後水戸、岐阜と渡り歩いた。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 岐阜へ移籍後、30歳を超え初めてキャリアハイの12得点を2年連続で挙げたことも、彼の紆余曲折のサッカー人生とともに記憶に残る。なぜそれができたのか。
「要因は2つあったと思う。ひとつは常に『絶対に成功する、絶対に諦めない』という気持ちを持っていたこと。もうひとつは『クラブへの愛着』」と難波は話す。2012年は0ゴール、13年にレンタル移籍した水戸では1ゴール。両チームとも契約を打ち切られ、再びサッカー以外の道を考え出した時に岐阜から声がかかった。
 
「一番嬉しかった。30歳過ぎの結果を残していない僕を獲得してくれたチーム、(当時の)ラモス瑠偉監督、田口コーチは裏切れないという気持ちだった」
 
 最終ラインの背後へ抜け出す動き出しの鋭さ、ピンポイントでボールに合わせる能力を活かして、プロ通算73得点(リーグ、天皇杯含む)をマーク。J2での65ゴールは歴代14位である。決して超一流の才能を持っていたわけではなく体格にも恵まれてはいなかったが、泥臭いプレーも厭わず、常に貪欲にゴールを求めていた難波。守備でも最後までプレスをかけ、走り続ける姿勢が、魂の男と呼ばれた所以だ。
 
 どこのクラブでも愛される選手だった理由はまだある。「性格上、暗いことは嫌い。自分が楽しくないとみんなも楽しくない。いつも笑顔でいつも元気よくがモットーだった」と話すように常にチームのムードメーカーとなり、それだけではなくトレーニングでは若手を差し置いて先頭を走り声を出し続けた。改革元年となった岐阜へやって来ると、まだまだ意識の低かったチームに対し、他の移籍してきたベテラン選手とともにプロフェッショナルの姿勢を示した。
 
 岐阜での5年は簡単なシーズンではなかった。毎年のようにJ2降格の危機に直面し、オフになると多くのチームメイトが去っていった。特に2016年は夏を迎える前からまったく勝つことができなくなり、監督は解任。難波自身もシーズン当初からコンディションが上がらないことで苦しい時期にチームに貢献できず、悔しさであふれていた。最終節、難波の2得点がJ2残留を決めることになった。しかしその2ゴールよりも、真夏の勝てなかった時期、全体練習の隅で黙々と別メニューをこなしながら、合間にチームメイトに大きな声をかけ続ける姿に、誰もが彼の存在理由を強く感じただろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ