マラドーナ、スナイデル、ポドルスキ…英メディアがレジェンドたちの“引退”を特集! 「大観衆が涙した」のは?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月17日

ポドルスキのラストマッチはいかなるものに?

マラドーナ(左上)、ポドルスキ(右上)、スナイデル(左下)、ルーニー(右下)ら、名手のラストマッチは三者三葉だ。 (C) Getty Images/(C)REUTERS/ AFLO

画像を見る

 現地時間11月15日、イングランド代表を2003年のデビューから約15年に渡って支えてきたウェイン・ルーニーが、アメリカとの国際親善試合をもって「スリーライオンズ」のユニホームを脱いだ。

 慈善試合として「ウェイン・ルーニー財団国際試合」という冠も付けられた一戦で、1試合限定で代表に復帰したルーニーは、58分にマンチェスター・ユナイテッドの後輩であるジェシー・リンガードとの交代でピッチに登場。10番を背負い、キャプテンマークを巻き、通算120キャップ目となるラストマッチを華々しく飾った。

 試合後にロッカールームで涙を流したというルーニーは、「永遠に忘れられない夜になったよ」と、感慨深げにコメントを残した。

 このレジェンドの“引退”を受け、英公共放送「BBC」は、「他国はレジェンドたちといかにして別れを迎えたのか?」と銘打った特集を掲載。これまでに印象深かった名手たちの様々なラストマッチに、スポットライトを当てている。

 まず、同メディアが紹介したのは、オランダが生んだ天才司令塔、ヴェスレイ・スナイデルの代表引退だ。

 2003年に19歳でデビューしてから、「オランイエ(オレンジの意。オランダ代表の愛称)」の栄光と苦悩を体感してきた名手は、今年9月6日にアムステルダムのヨハン・クライフ・アレーナで行なわれたペルーとの親善試合で、代表キャリアに幕を引いた。

 ユニークだったのは、試合後のセレモニー。ピッチ上にはテレビとソファーが用意され、そこにスナイデルと家族が腰掛け、モニターに流されたアリエン・ロッベンら盟友たちからのメッセージを眺めるというものだった。

「BBC」は、「さぞかし快適だったはずだ。ピッチの真ん中に用意された『リビングルーム』で、仲間の言葉を聞けたのだから」と綴っている。

 そんなスナイデルに次いで紹介されているのが、現在、ヴィッセル神戸に所属しているルーカス・ポドルスキのラストマッチだ。

 2014年のブラジル・ワールドカップを制して世界王者の称号を手にするなど、ドイツ代表として華々しいキャリアを築いたポドルスキは、昨年3月のイングランド戦で引退。しかも、この栄えある試合で豪快なミドルシュートを決めた。

 そんな有終の美を飾ったポドルスキの最後を、「BBC」は次のように綴っている。

「ポドルスキは高みを知る男だ。この試合では、ファンが彼を称え、ポドルスキ自身もスピーチを行なって、キックオフを遅らせた。試合後は、映画『グラディエーター』の音楽が流れ、スタンディングオベーションを受けるなかで、場内を一周。“勝者の行進”をした」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ