城福監督は引退する森﨑和幸の復帰に感謝!! 広島が最終戦での“3バック変更”でACL出場権を獲得!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月01日

現役ラストマッチの森﨑和が今季初スタメン

ボランチとして先発した森﨑。ラストゲームは勝利とはならなかったものの、広島にACL出場権をもたらした。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは12月1日、最終節の9試合を各地で開催。札幌ドームでは北海道コンサドーレ札幌対サンフレッチェ広島の一戦が行なわれ、2対2の引き分けに終わった。

 ACL出場権を懸けた4位札幌と2位広島の直接対決。序盤でチャナティップ、ジェイにゴールを許した広島だったが、「このシステムの最大値を前半途中から出せたと思う」と語った城福浩監督の言葉通り、今季の基本布陣となっていた4バックから今節は3バックに変更して臨んでいた広島は、次第に攻撃のリズムを引き寄せ、ゴールに近づいていく。

 そして39分、敵陣に押し込んだ広島はこぼれ球を馬渡和彰が蹴り込んで1点差に。さらに後半立ち上がりの51分、左サイドからの柏好文からのクロスに柴崎晃誠が頭で合わせ、ゴールネットを揺らす。試合はこのまま2対2で終了。広島が2位の座を死守し、ACL出場権を手中に収めた。初のACL出場を目指した札幌は4位となり、リーグ戦3位で出場権を手にした鹿島が天皇杯で優勝した場合に、出場権を得ることになる。

 試合後、フラッシュインタビューに応じた城福監督は、「立ち上がりは良くなかったが次第に自分たちの良さを出せた」と90分を振り返り、さらに「自分たちには足りないものがあると思い知らされた秋だった。ACLも含めてもう一度チームを作り直して、良い状態で広島をもう一度トップ争いさせたい」と語った。

 また、この試合が現役生活でのラストゲームであり、今季初スタメンを飾った森﨑和幸については、「本当に頑張ってくれたと思う。彼が復帰してくれたおかげで、最後の最後に3バックにできたなと思います」と語り、布陣変更によってACL出場権獲得の立役者となった背番号8を称賛した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ