【釜本邦茂】本気で勝ちに来たウルグアイのメンツを潰した日本!! この勝利は本物だ!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月17日

南米のサッカー強豪国がアジアの国に2連敗なんて屈辱でしかない

写真の中島、南野や代表初ゴールをマークした堂安は、終始アグレッシブな姿勢でウルグアイゴールを脅かし続けた。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 もちろん、親善試合というシチュエーションではあるけど、今回のウルグアイは相当本気モードで日本にぶつかってきたように思うよ。なぜなら、日本戦の4日前には韓国との試合で1対2と敗れていたからだ。南米のサッカー強豪国が、アジアの国に2連敗なんて屈辱でしかない。おそらく、ウルグアイはメンツをかけて勝ちに来ていただろう。
 
 日本の選手に対して、球際で激しいタックルを見舞ったりしてきたのも、尻に火がついているからこそだ。そうした相手に対して日本は弱気にならずに、失点しても何度も自分たちの形を作っては、主導権を手放さなかった。まさに強豪国のメンツを潰した本物の勝利と言えるよ。
 
 一方で4点を奪った攻撃陣の方にばかりスポットライトが当たりがちだが、私は守備も悪くなかったと思っている。もちろん、不用意な2失点目は反省材料だし、計3失点という結果も褒められはしないが、それでも日本代表が見せたボールへの素早い寄せ。個人、チームとしての粘り強い執着心のある守備は、その後の反撃を生み出す原動力になっていた。
 
 ディフェンスラインは吉田を中心によくウルグアイの攻撃に耐えていた部分もあった。最前線のカバーニはボールを奪われることなく起点を作るし、セットプレーで上がってくるゴディンの空中戦の強さも脅威だった。
 
 そういう相手に対して、とにかく中盤でもゴール前でもしっかり身体を張れていたのがなにより良かった。攻守両面で戦う姿勢が前面に出ていた試合だったよ。だからこそ、2度追いつかれても勢いは失われることなく、後半の3点目、4点目を生み出せたのだと思う。
 
 これで、森保監督は新体制スタートから3連勝を飾ったわけだが、この10月の2連戦もできるだけ多くの選手を「試合で使いたい、見たい」というなかでのチーム編成で、かなり良い手応えを得られたんじゃないかな。ロシアを経験した選手たちに加えて、リオや東京五輪世代の若手たちが予想以上に頭角を現わしてきた。
 
 それだけに次の11月の2連戦は、アジアカップに向けてどういう位置づけで臨むのか、また楽しみになって来たね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ