【釜本邦茂】本気で勝ちに来たウルグアイのメンツを潰した日本!! この勝利は本物だ!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月17日

欧州組が継続して高い強度でトレーニングや試合をこなすのに対して、国内組は…

FIFAランキング5位のウルグアイに撃ち合いの末に競り勝つ「勝負強さ」を見せた日本。今後の戦いぶりにいっそうの注目が集まりそうだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ウルグアイ戦では、本当に大きな可能性を示してくれた日本代表だけど、気になるのは国内のJリーグの選手たちだ。欧州組の選手たちは、さすがに日常から強度の高いトレーニングや試合を経験しているからか、屈強な相手に対しても球際でのボールの扱いや身体のぶつかり合いにも慣れたところが見られた。
 
 2ゴールを決めた南野の先制点のシーンなどは、ゴール前で敵を背にしても動じることなく、落ち着いてシュートまで持ち込んでいる。こうしたプレーは普段からハイレベルな寄せの強さ、速さに対して自分なりに対応する術を身に付けていったからこそ生まれるものだ。
 
 一方で、Jリーグの選手たちは代表を離れれば、再び国内基準のサッカーに戻ってしまう。欧州組が継続して高い強度のパフォーマンスを要求されるのに対して、やはり環境面での差が生まれてしまうのは否めない。10月の2試合で得た経験を国内のゲームでどう生かすのか。国内組の選手たちには、この視点を忘れず意識を高く持って取り組んでもらいたいよ。
 
 森保ジャパンはスタートして3試合を消化したばかりだけど、まずは順調なスタートを切れたと言っていいんじゃないかな。ワールドカップ組と新戦力の融合がさらに進めば、チームとしてもさらに研ぎ澄まされていくだろうし、どんな相手も圧倒していくつもりで戦えば、アジアカップでもかなり期待できそうだよ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ