【釜本邦茂】本気で勝ちに来たウルグアイのメンツを潰した日本!! この勝利は本物だ!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月17日

相手の激しい寄せに遭っても動じることはなかった

試合後、審判に食って掛かるカバーニを吉田が止めに入る。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 国際親善試合のウルグアイ戦は、4対3で日本が撃ち合いの末に競り勝った。これまで日本は南米のチームを苦手とするところがあったけど、ウルグアイ戦の日本はまったくそんな過去を感じさせない力強さとしぶとさがあったね。

 
 まずはなにより、ワールドカップ8強国であり、守備の堅さにも定評のあるウルグアイから4点も獲ったのには驚かされた。しかも、いずれも前線の選手が自分たちの持ち味を発揮してもぎ取ったファインゴールだ。
 
 攻撃面で良かったのは、パナマ戦とは違って選手たちが自分のストロングポイントを活かして状況を自ら打開しようとした場面が随所に見られたことだ。パナマ戦では、3対0で勝ちはしたものの、どこか相手の身体の強さに逃げ腰になっている部分があった。中盤で逃げるようなパスを回しては相手に奪われて逆襲を食らう。そんな場面が多かったけど、この日は相手の激しく鋭い寄せに遭っても、動じることなく、自分で行ってやるという強烈な姿勢を見せていた。
 
 そうした姿勢が二の矢、三の矢の攻撃につながっていったと思うし、こぼれ球に相手より早く反応する場面が多かったのだと思う。事実、2点目の大迫のゴールや4点目の南野のゴールは、いずれもこぼれ球に詰めて奪った得点だけど、チーム全体に常に前向きの姿勢があればこそ生まれたゴールだった。
 
 攻撃陣ではとりわけ、中島や堂安が素早いターンからゴールへ向かうプレーを出し続け、ウルグアイの守備陣を悩ませていた。彼らが両サイドで起点となって時間を作ることで、後ろも余裕を持って押し上げられるし、周囲の選手たちも様々なバリエーションで攻撃のアイデアを生み出せていた。大迫はしっかりくさびに入って味方を活かしていたし、南野も中盤からのパスを引き出してディフェンスラインを何度も突破していた。
 
 中島と堂安のところにいいタイミング、良いリズムでボールが入れば、しっかりと攻撃の形はできるようになってきている。ウルグアイを相手にしても大量点が取れたわけだから、これは大きな自信にするべきだよ。

【日本代表PHOTO】ウルグアイ戦を彩った「美女サポーター」

【日本代表PHOTO】日本 4-3 ウルグアイ|南野が2ゴールの活躍! 強豪相手に4発で森保ジャパン3連勝

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ