金田喜稔がウルグアイ戦を斬る!「“化学反応”を起こしたんじゃない。強烈な個の力がチームを変えたんだ」

カテゴリ:日本代表

連載・コラム

2018年10月17日

おそらく今日のメンバーが森保監督の「ベスト」

堂安、中島、遠藤、南野。この4人が今後、森保ジャパンの核となっていくはずだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 すごかった。見事な試合だった。

 南野と堂安と中島、あの3人が揃うとやっぱり違うね。

 この試合では、最終ラインに吉田と長友と宏樹(酒井)が戻って、ボランチのところには柴崎がいて、トップには大迫と、この夏にロシアで戦ってきた選手が復帰を果たした。見どころとしては、そこに遠藤や南野、堂安、中島といった若手が入ることで、どんな“化学反応”が起きるのか。僕自身も、このウルグアイ戦はそこに注目していた。
 
 でも、あれ、“化学反応”なんかじゃないよ。

 ワールドカップ経験者と、これからの日本代表を背負っていくだろう若手がリンクし、新しいコンビネーションを生み出すのか、そのコンビネーションはチームに刺激を与えるのか、といった感じで世間は騒いでいたけど、いやいやいや、あの若者たち、反応を起こす前に完全にチームをリードしていたから。

 あれは“化学反応”なんかじゃない。堂安にしても、中島にしても、南野にしても、べつに「ロシア組と良い反応を起こそう」なんて感じではプレーしていなかったからね。大げさに言えば、「先輩、俺たちだけでできますから、大丈夫です」くらいの感じだったんじゃないかな(笑)。

 実際、堂安や中島は崩しの局面で、宏樹や長友の助けを必要としていたかい? まあ、その宏樹や長友がちゃんと真面目にオーバーラップを仕掛けてくれるから、たまに使いますかってな感じでパスを回していたけど、それよりむしろ、ウルグアイの最終ラインを構成する世界のトッププレーヤーたちとの対戦を楽しんでいるというか、みずから1対1の勝負を仕掛けたくてウズウズしているように、僕には見えたな。

 数的優位の状況を作ってサイドを崩すとか、そういう約束事がなくても彼らはやっていけるよ。ロシア・ワールドカップどころか、前回のパナマ戦のときと比べても、攻撃の際のプレーのアクセントというか、リズムというか、感性というか、そういうものが違い過ぎた。おそらく今日のメンバーが森保監督が考える「ベスト」だろうね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ