【セルジオ越後】「リトルビッグ3」のスタート!問われるのは”継続性”だ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年10月17日

ウルグアイに勝利したのは、ポジティブに捉えて良い

柴崎の低調は気になった。クラブで出番を得ていないから、コンディションが上がっていなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 また気になったのは、柴崎の不調だ。運動量も少なく、球際で競り負けるシーンが少なくなかった。ワールドカップでのプレーとは程遠い出来だったね。所属クラブで出番を得られていないせいでコンディションが上がっていないのは、明らかだったよ。
 
 吉田や原口だってクラブでは今、レギュラーを掴めていない。ウルグアイの選手は、クラブに帰ったら、パリ・サンジェルマンや、アトレティコ・マドリーや、ユベントスなどのレギュラーとして、第一線で活躍する。これでは、どちらが勝者か分からないよ。

 ハイレベルな戦いをコンスタントにこなさなければ、せっかく勝って得た自信も発見も無駄になってしまうよ。欧州リーグはまだまだ続くのだから、11月シリーズまでには、チームで出番を増やしてほしい。ウルグアイ戦の勝利が復調のきっかけになれば良いのだけど。
 さらに、ワールドカップ組と若手との融合という点でも物足りなさが残った。後ろの“先輩”が守って、前線の“後輩”が自由に攻撃を仕掛けるという、一見バランスの良いシステムに見えたかもしれないけど、お互いの息が合っていたとは言えない。

 3点目のシーンが印象的だったとはいえ、右サイドの堂安と酒井、左サイドの中島と長友のコンビネーションで崩すシーンは、決して多くなかった。
 
 堂安、中島、南野のイケイケな3人組のスピード感に、ワールドカップ組がついていけていなかったように見えた。こぼれ球に反応してゴールを決めた大迫だって、決定機をフイにしていたよね。本来なら、引っ張っていかなければいけない立場なのに、やや心許ない印象を受けてしまったよ。
 
 とはいえ、ウルグアイに勝利したのは、ポジティブに捉えて良いのではないかな。今後求められるのは、継続性だ。南野、中島、堂安だって、この調子を維持しなければいけない。例えば一時期は波に乗っていた久保や宇佐美も、今は定着できずに、代表メンバーから外れてしまっているよね。世界的なスターは、いついかなる時でも結果を出しているものだよ。
【関連記事】
日本対ウルグアイ戦を彩った「美女サポーター」をご紹介!
【釜本邦茂】本気で勝ちに来たウルグアイのメンツを潰した日本!! この勝利は本物だ!
「日韓の違いは…」ウルグアイの老将が東アジアの2チームを比較
【日本4-3ウルグアイ|採点&寸評】MOMは3戦連発弾を含む2ゴールの南野!大迫、堂安、中島も躍動
「新ストライカー南野誕生」「堂安身体つっよ!」「マジで中島がとんでもない」ウルグアイに4-3で勝利の森保ジャパン。3連勝、若手の躍動にファンが大歓喜

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ