【横浜】ルヴァン杯決勝進出&残留争い脱出に導く“クローザー”喜田拓也の真実

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年10月15日

同じリオ五輪世代の活躍は「目に焼き付けている」

先発を外れ、今は苦しい時期かもしれないが、「そこを乗り越えた先には、強くなった自分がいると信じている」と前を向く。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 だが、喜田はそうはしない。独りよがりに動き回らない。今回の鹿島戦でも、「前に出て行ける時もあったけど」、全体のバランスを考え、攻められた際のリスクマネジメントを優先し、後方よりでスタンバイ。「自分はフレッシュな状態で、でもだからといって、ひとりで(好きなように)行ったりはしないように。周りと合わせないといけないんで」と、自分の欲は抑えてチームプレーに徹した。
 
「自分にできることを整理しながら、途中から入って、どういうプレーが必要か、チームが勝つためにどんな存在が必要なのかを考えながら、行動しているつもりではいる」
 
 スタメンを奪い返すためには、ともすればそうした振る舞いにジレンマを感じているかもしれない。ただ少なくとも、「俺、本当にF・マリノスが好きだから」と明かす男が、自分勝手なプレーに走ることはない。
 
「苦しかったりもするし、耐えることもあるけど、そこを乗り越えた先には、強くなった自分がいると信じている。苦しい想いが、自分を大きくすると思っている」
 
 控えという立場は、「紛れもなく自分が作ったもの」と受け止める。「スタートから出られないのは力が足りないだけ」ということも承知している。だからこそ、「自分が成長するしかないし、周りに認めてもらうしかない。答えはそこにしかない」ときっぱりと言う。

 同じリオ五輪世代の仲間たちの何人かが、森保ジャパンで際立つ活躍を見せている。喜田はそれを「目に焼き付けている」と言う。「それをパワーに変えられるタイプ」とも。

 逆境を糧にできる男は、「(横浜には)素晴らしい選手がいっぱいいて、成長できる環境にあると思う」とポジティブに考える。いかなる状況でも、プラスの姿勢を発信することを心がける。「自分が先発で出ていたとして、そういうエネルギーを持った選手が後から入ってきたら、ありがたいと思う」からだ。
 
 今は我慢の時期だが、喜田本人が語るとおり、これを乗り越えた先には、さらにグレードアップした姿があるはずだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜F・マリノスPHOTO】歓喜の三ッ沢!横浜が17年ぶりにルヴァンカップ決勝進出!
 
【関連記事】
【ルヴァン杯|採点&寸評】横浜2-2鹿島|圧巻のスピードで敵を翻弄した仲川。戦列復帰した昌子は?
【ルヴァン杯】横浜が17年ぶり2回目の優勝に王手!後半に猛攻を受けるも2戦合計4-3で鹿島を撃破
【横浜】イニエスタのバルサ愛にも匹敵!? 喜田拓也の揺るぎない“マリノス愛”
【横浜】仲川輝人は“ハマのエムバペ”か!? 本人に確認したら「小柄っていう面で言うと…」
【横浜】失点につながるパスミスと――GK飯倉大樹の“2つの転機”となるプレー

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ