堂安律、伊藤達哉ら個性派揃い…東京五輪世代の“エゴイズム”が日本代表を変える!

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年09月11日

中田、本田に続くか

身長166センチと小柄ながら、ポテンシャルは特大。伊藤の切れ味鋭いドリブルは必見だ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

今回の招集メンバー中、フィールドプレーヤーでは最長身の冨安。ベルギーでのプレーが評価され、初のA代表入り。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 若くして海外でプレーしているからか、主張する重要性を身に染みて感じているのだろう。チームというものは、こうしたアピールに長け、勢いのある若手が加わり、雰囲気をガラリと変えることが往々にしてある。
 
 日本代表で言えば、20歳でフル代表デビューを飾った中田英寿、22歳で初出場して以降、歯に衣着せぬ言動で代表を牽引してきた本田などは、まさにその象徴だった。
 
 さらにフランス代表が18歳のキリアン・エムバペを招集し、ロシア・ワールドカップでは20歳になったばかりのこの新星に10番を託したのも、代表チームを変える大きな期待を感じたからに他ならない。
 
 個性派揃いの東京五輪世代――彼らの“エゴイズム”が、日本代表を変えるか。世界と伍するための鍵はこのヤングスターたちが握っているかもしれない。9月11日のコスタリカ戦は、こうした若手の台頭にも注目したい。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

【日本代表PHOTO】森保ジャパンが初陣へ!前日練習の様子をお届け
【関連記事】
【コスタリカ戦直前プレビュー】紅白戦でテストした4-4-2を採用か。注目は2列目の中島&堂安
イニエスタ、新幹線移動に感動!? グリーン車の隣席で笑顔を見せている僚友は…
「エムバペと比べれば遅いけど…」堂安律にとって、代表デビューが大きな転機になりそうな予感
【セルジオ越後】日韓戦の敗因は“ピッチ外”のコミュニケーション不足!! 会長はJリーグともっと話せばいい
日本代表の伊藤達哉が大坂なおみを称賛!同世代の“世界女王”に刺激を受けた部分は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ