堂安律、伊藤達哉ら個性派揃い…東京五輪世代の“エゴイズム”が日本代表を変える!

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年09月11日

特筆すべきは、そのメンタリティ

東京五輪世代で最注目は堂安。かつての本田のように、オランダリーグで名声を高める。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ロシア・ワールドカップではベスト16に進出したとはいえ、ベルギーに2点のリードをひっくり返されて敗戦。世界の強国との差を痛感させられた。しかし、そんな日本代表に新しい風が吹き込まれるかもしれない。

 変革の予感を抱かせるのが、東京五輪世代と呼ばれる1997年以降生まれのタレントたち。とりわけ、森保一体制の初陣メンバーに選出された3人は個性派揃い。類稀な攻撃センスとカリスマ性を備える堂安律(フローニンヘン)、ドイツで大きな存在感を示している技巧派ドリブラー伊藤達哉(ハンブルク)、身長188センチでドッシリとしたスケール感を漂わせるCB冨安健洋(シント=トロイデン)だ。

 いずれも海外で揉まれ、現在進行形で飛躍的に成長し続けているキラ星のごとき逸材たち。本田圭佑や長谷部誠など、シンボル的な存在がいなくなった代表の新たな旗手になる可能性は十分にあるだろう。
 
 特筆すべきは、そのメンタリティ。年上ばかりの代表チームに入っても、堂々と振る舞い、自分の持ち味を打ち出そうと意欲的だ。
 
 伊藤が「団体の中で自分の色をどれだけ出せるか。そういう意味では、個人スポーツのメンタリティみたいな、ちょっとエゴイストになるところも必要になってくることもあるかもしれない」と語れば、堂安も9月9日のコスタリカ戦に向けたトレーニング後こんなことを言っていた。
 
「今日の練習では、周りに合わせてもらうようなプレーをしようと意識していました。自分がチームメイトに合わすのではなくて、自分から動き出す。たとえズレても良いから、『俺の動きはこうだよ』と。それがチームメイトともすごく合っていたし、フィーリングも良かった。コンビネーションからの得点も期待してもらっていいです」
 
 さらにDFの冨安も「初めて組ませてもらう方ばかり。ただ先輩の感覚もあれば、僕の感覚もある。そういうところは意見を聞きながら、僕からもこうしたいと主張していかないといけないと思っています」と語っている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ