【総体】昌平が歩み始めた強豪校への道のり。2年前と今回の4強で持つ意味合いは違うのか

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年08月13日

2年前にはなくて、今大会であった昌平の強みは?

大宮Jrユース出身の須藤。U-16日本代表歴をもつ俊英は攻撃の切り札として存在感を発揮した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 加えて、選手層に厚みがあったのも、2年前とは異なる強みだろう。

 藤島監督は「色のある選手が増えた。流れを意図的に変えられる状況が作れるようになったという。

 2年前のチームは11人のレギュラーとベンチの6人に大きな差があった。流れを変える切り札は山下勇希(現東洋大)のみ。指揮官は2年前の大会後に「選手層を厚くしないと全国で勝てない」と話していたほどだ。

 だが、今回はジョーカー役に技巧派MF・古川勇輝(3年)、動き出しの良さが光る大和海里(2年)、切れ味鋭いドリブルで鳴らす須藤直輝(1年)がスタンバイ。選手の組み合わせで流れを引き寄せられるようになったのは大きな変化だ。
 
 マークされた上で4強に入り、多彩な選手をベンチに揃えられるようになった。チームとしてスケールアップした証であり、強豪校への階段を上り始めている証明でもある。
 
 その意味で真の強豪校になるために必要なのは初の全国タイトルだ。冬の選手権で昌平は結果を残し、ひとつ上のステージに行けるのだろうか。少なくとも、その資格は十分にある。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ