【総体】昌平が歩み始めた強豪校への道のり。2年前と今回の4強で持つ意味合いは違うのか

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年08月13日

「今のほうが力を発揮できた部分がある」(藤島監督)

2年ぶりに4強入りを果たした昌平。しかし、その価値はまるで重みが違う。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[インターハイ準決勝]桐光学園3‐2昌平/8月12日/三重交通G

 昌平(埼玉1)はあと一歩のところで初の決勝進出を逃したが、藤島崇之監督の顔はどことなく晴れやかだった。
 
 今大会の昌平は序盤戦から話題をさらってきた。1回戦の高知中央(高知)戦を6-1で大勝すると、続く2回戦では優勝候補の青森山田(青森)と対戦。来季からJ2の福岡に加入する三國ケネディエブス(3年)やプロ注目のアタッカー・檀崎竜孔(3年)を擁する優勝候補と相まみえ、2点のビハインドから4-2で逆転勝ちを収めた。
 
 続く3回戦の札幌大谷(北海道1)戦でも、後半の残り30分から3点を奪って2点差を跳ね返す。準々決勝でも今大会屈指のタレント集団・大津(熊本)と対戦し、1-1で迎えた後半アディショナルタイムに原田虹輝(3年)が決勝弾を決めた。
 
 8月12日の準決勝・桐光学園(神奈川2)戦では、雷の影響で予期せぬ4時間半の中断というアクシデントが発生。後半13分の中断前に喫した3連続失点はあまりにも重く、初の全国制覇は潰える結果となったが、それでも再開後に1点差まで追い上げ、改めて自分たちの力を証明したのもまた事実である。
 
 1回戦以外は瀬戸際の勝負を制して4強入り。実に2年ぶりのことだ。当時のチームは針谷岳晃(現磐田)、松本泰志(現広島)らを擁し、後輩たちと同じように2回戦で強豪校から逆転勝利を挙げた。その東福岡を倒した勢いは持続。快進撃は留まるところを知らず、一気に準決勝まで勝ち上がった。
 
 ただ、先輩たちはインターハイ初出場で、全国での実績はまるでない。「昌平ってどこ?」という声も聞こえるようなチームだった。

 一方で今大会は全国で実績を残し、Jリーグにも2年連続で選手を輩出したうえでの戦い。そうした勝負で結果を出したのは、2年前から成長した点と言えるだろう。
 
 2年前と今回の4強。藤島監督も持つ意味合いが違うのを理解しており、「2年前はなんとなく上がっていた。同じような形で1回戦を上がっていって、次に強豪に勝つ。その境遇は似ているところがありましたが、今のほうが力を発揮できた部分がある」と確かな手応えを感じている。だからこそ、明るい表情を見せた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ