GK専門のメーカー・HO SOCCERは何者なのか。スペイン発祥のキーパーグローブが支持される理由に迫る

カテゴリ:PR

高校サッカーダイジェスト編集部

2018年08月02日

アルゼンチン代表のカバジェロやポルトガル代表のベトも着用!

世界的名手も身に付けるGK専門のメーカーHO SOCCER。中高生の間でも多くの選手たちが愛用している。(C)HO SOCCER JAPAN

画像を見る

グローブネーム加工は1080円(税込)で可能。世界にひとつだけのGKグローブを作ることが可能だ。(C)HO SOCCER

画像を見る

 HO SOCCERは2001年にスペインで産声を上げたGK専門のメーカーだ。 現在では全世界 30 カ国にまでサポートエリアを拡大し、主要リーグに所属する有名選手を数多くスポンサードしている。

 7月に幕を閉じたロシア・ワールドカップではアルゼンチン代表のウィリー・カバジェロ、ポルトガル代表のベトなどがGKグローブを着用。欧州各国の戦いでも多くの選手が身に付けており、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長を遂げていると言えるだろう。
 
 日本ではHO SOCCER JAPANを総代理店として2014年から展開しており、Jリーグではアビスパ福岡の山ノ井拓己らが愛用している。

 また、若きサッカープレーヤーたちからも絶大な信頼を掴み、近年は育成年代の試合で見かける機会も増加。「中高生に愛用してもらいたい。プロの選手にも使って欲しいけど、中高生の青春時代をうちのグローブとともに過ごして欲しい」と、メーカー側が積極的に販促を手掛けたこともあって人気に火が付いた。
 
 なかでも注目を集めているのが、自身の名前をGKグローブに印字する”グローブネーム加工”だ。一般的に自身のネームが付いた物を使うのは、プロの選手たちがほとんど。それも限られたトッププロだけである。

 しかし、HO SOCCERでは中高生年代の選手たちに憧れのプレーヤーと同じようにサポート。1080円(税込)と価格もリーズナブルに設定されており、都道府県大会や地域大会で奮戦を続ける選手たちも気軽にグローブに自身の名前を記すことが可能だ。
 
 他のブランドではほとんど見られないサービス。子供たちからすれば、一生の記憶に残るGKグローブだろう。

HO SOCCERの情報はこちらから

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ