「これからどんどんパスが繋がる」名手ヤットが見据える新生ガンバの“青写真”

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年07月30日

もたらされた「守備意識の向上」と「流麗なパスワーク」

スクランブル出動となった宮本新監督。慌てる素振りはいっさいなく、着実にチームを再構築していくと宣言した。写真:川本学

画像を見る

 クルピ前政権では個の能力に依存する傾向が強く、とりわけ守備に関してはプレスのポイントなどディテールが曖昧で、チームとしての連動性は求めるべくもなかった。宮本監督はU-23チームで志向していたのと同様に、選手個々のハードワークを基本軸に据えた。そのうえで連動性ある守備ブロックの構築にまずは手を付け、短い調整時間である程度の“形”にまで持って行ったのだ。
 
 ヤットはこう説明する。
 
「実質、守備に関しては1時間くらいしか全体では合わせてない。できるかぎり外に追い込んでプレーさせるのがテーマですけど、中に入ってきたボールに対しては厳しく行けと言われている。最低限の確認しかできてなかったけど、鹿島を相手によくやれたとは思う。プレスの狙いどころはそこまで高くない。無理して追っかけに行かないで、きっちりブロックを作るのが基本。ただ、ロストしたらまずはすぐ奪い返しに行きますよ。そこで外されたら一回戻る。そこはどのチームもやってることだとは思うけど、どれだけ早くやれるか、切り替えられるかが今後のテーマになってくる」

 
 守備意識の向上とともに劇的に変わったのは、ボールを奪ってからのパスワークだ。守→攻の切り替えが明確となり、コンパクトな中盤のなかで選手間の距離が程よく保たれ、ダイレクトのパス交換が格段に増えた。この変化については、繋ぎの権化であるヤットもさすがに少し嬉しそうだ。
 
「例えば高と僕の役割がはっきりしたのもあるけど、センターバックからボランチにいい形でパスが入るようになった。そこからちょこちょこしながらリズムを作っていけば、相手の(守備陣の)目線も間違いなくずれてくる。サイドハーフのふたりも中に入ったり外に張ったりを繰り返して、前めの選手がどんどんポジションを変えていけば、パスもどんどん繋がるようになる。イメージしているのはそこ。高もシンプルにはたいていくからね。ダイレクトパスを増やして、バイタルエリアでもらったらスルーパスとか。個人的には高とバランスを取りながら、もっと前に行く場面を増やしていきたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月11日号
    1月28日発売
    2021年度版
    J1&J2全42クラブ
    戦力充実度
    ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ