クルピ解任の背景にあった悩み、嘆き、不安… 迷走ガンバに何が起きていたのか?

カテゴリ:Jリーグ

飯間 健

2018年07月24日

クラブが求めた方向性は持っていなかった

解任が決まったレヴィー・クルピ監督。チームに浮上のきっかけを与えられぬままチームを去ることになった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 この事態はフロントの見通しの甘さだろう。ブラジル代表監督の噂も出たことがある名伯楽は決して戦術家でもなければ、攻撃的サッカーを重視するわけでもない。そして若手を登用することはあっても、決して育成に秀でているというわけでもなかった。あくまで強いチームを率いるモチベーター型指揮官であり、リアリストである。

 確かに香川真司や乾貴士らを擁してC大阪を率いていた時代は、才能豊かな選手たちを気持ち良くプレーさせる術には長けていた。そしてC大阪で展開されたのは、ボールを握るサッカーではなく、マルチネスという稀代のパサーを中心としたカウンタースタイルだった。G大阪がクルピに求めた「攻撃サッカー」「若手育成」などの方向性は持っていなかった。
 宮本新監督にまず求められるのは、これまで指揮していたU-23チームで見せていたような明確な規律と方針である。現実的にはJ1残留。そこを打ち出した上で、何をしなければいけないかをハッキリさせられるか。残り17試合。時間は少ないが、理論派指揮官として名高い宮本新監督の手腕には大きな期待をしたい。
 
取材・文●飯間 健
【関連記事】
宮本新体制への期待、フロント不信、危惧する二の舞…ガンバ政権交代にファンは賛否両論!
元日本代表主将、宮本恒靖がガンバ新監督に! 6年前の“悪夢”を払拭できるか
【J1採点&寸評】G大阪1-2清水|解任されたクルピ監督の採点は「5」…最後まで攻撃の形を作れず
浪速の至宝、宮本恒靖はガンバ大阪の近未来をどう見据えているのか
Jリーガーから年商219億円のベンチャー社長に! 元ガンバMFはいかにして成功を掴んだのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ