【ポーランド戦|戦評】先発6人入れ替え、終盤の時間稼ぎ。西野采配は正解だったのか

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月29日

西野監督は“持っている”

0-1の敗戦を選択した西野監督の決断は、結果的に16強進出につながった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 しかし、74分、朗報が届く。コロンビアがリードしたのだ。このままであればセネガルと同勝点、得失点差、総得点も同じながら反則ポイントで上回る日本が2位通過できる。
 
 そういう駆け引きもあり、日本はここからトーンダウンして積極的に攻撃を仕掛けないようになる。82分に長谷部誠を投入してからは「イエローカードをもらうな」という指示もあり、時間稼ぎのボール回しに終始した。果たして、これは正解だったのか。
 
 結果的に日本は0-1の敗戦、セネガルも同スコアで敗れたことで、グループHは1位がコロンビア、2位は日本という順位になった。
 
 セネガルが追いついていたら、日本はグループリーグ敗退を余儀なくされていただけに、かなりリスキーな賭けだった。2位通過できたからよかったものの、運任せのところが強い。
 
 今日の試合運びから判断するかぎり、さすがに6人を入れ替えたのは正解とは言えない。首位通過できるチャンスがありながら、ベストメンバーで戦わなかった点で納得できない部分がある。疲労を考慮して2~3人のチェンジなら理解できるが、やはり6人は多すぎる。その点で、この試合に関していえば6人変更というギャンブルは失敗に終わった。
 
 一方で、終盤のボール回しは肯定できる部分がある。あそこで勝負をしかけて0-2になっていたら元も子もない。イエローカードをもらわず、失点もしないということを考えると、ああせざるを得なかったのかもしれない。
 
 個人的に、スタジアムの特大ブーイングは心地よく聞こえた。グループリーグを勝ち抜くうえであのような駆け引きも必要だ。「これもサッカー」ということを改めて教えてくれる一戦だった。
 
 それにしても、西野監督は持っている。グループリーグの3戦を振り返ると、普段ではありえないことが次々に起こっているのだから。コロンビア戦の退場劇、コロンビアがセネガルを下してくれたこと──。そういう運もワールドカップを勝ち抜くうえでまた不可欠なファクターだ。
  
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ