「敗北を受け入れた」「ニシノ采配に唖然」日本の“フェアプレー”に世界が驚きと怒り【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月29日

「日本は八つ裂きにされればいい」と過激な声も。

現実的な選択をして逃げ切りを図った西野監督(右)。だが、そのリアリスティックな采配に非難の声が上がっている。 写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

【6月28日・ヴォルゴグラード|グループH 日本 0-1 ポーランド】

 セットプレーから失点した日本が1点を追っていた80分過ぎ、他会場ではコロンビアが先制し、そのまま試合が終了すれば、セネガルとフェアプレーポイントの差で日本は2位通過が可能となった。

 すると、「ベンチからの指示(柴崎岳)」によって、日本は自陣でゆっくりとボールを回し、攻撃に出ることはせず、0-1で試合を締めた。

 結局、コロンビアがセネガルを下したため、決勝トーナメント進出を果たした日本だったが、試合終盤のリアリスティックとも言える振る舞いには、世界中から非難の声が殺到している。

 英公共放送「BBC」で、この試合の解説を務めていた元北アイルランド代表監督のマイケル・オニールは、西野朗監督の選択した戦術に怒りと驚きのまじったコメントを発した。

「監督として他のチームの試合結果に全てを委ねたニシノの采配には、唖然とさせられた。日本はここまで、良い意味でスポットライトが当たっていたが、私は、次のラウンドで彼らが八つ裂きにされればいいと思っている」

 また、同じく「BBC」で解説を務めていた元エバートンのレオン・オズマンは、日本の他力本願なスタンスとともに、同レギュレーションを作った国際サッカー連盟(FIFA)を「クソみたいだ」と“口撃”した。

「今大会はここまで、本当に素晴らしかった。いくつかのエキサイティングな試合もあったからね。だけど、この試合は最悪で、クソみたいだ。ラスト10分の展開は全くもって恥ずかしいし、W杯では見たくない茶番劇だった。どうしてFIFAは、このルールを生み出したのか。はなはだ疑問だ」

 日本のネガティブな試合の終わらせ方に疑問を呈したのは、英国メディアだけではない。

 スペイン紙『AS』はマッチサマリー内で、「日本もポーランドも、最後はどちらもボールが転がるのを見つめるだけ。試合を捨て、負けたのに喜ぶ日本人の姿は奇妙だった」と綴り、さらにブラジル紙『Lance』も、「無気力な日本はブーイングでスタジアムを満たし、ある意味で試合を盛り上げてくれた」と、皮肉めいた記事を掲載した。

 そしてイタリア紙『Gazzetta dllo Sport』は、西野ジャパンのパフォーマンスについて、「日本は他会場の結果を知り、敗北を受け入れ、プレーをフリーズさせた。そしてとくに危険なリスクを冒すことなく、時間を流した」と記した。

 結果を追い求めたなかでの、究極の選択だったとはいえ、日本代表のグループ突破は、世界を大きく騒がせる事態となった。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ