「セネガルのほうが力は上だが…」仏誌・編集長が日本代表に提唱する勝利への“3つの鍵”

カテゴリ:国際大会

レミー・ラコンブ(フランス・フットボール誌編集長)

2018年06月23日

セネガルは今大会の「最優秀アフリカチーム」

ポーランド戦でパッとしなかったサネ(左)。26歳にして主将の重責を担う男は、日本戦での捲土重来を期す。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 チームの精神的支柱となっているのが新主将、サディオ・マネである。ポーランド戦ではずいぶん影が薄かった。この日本戦ではきっと別の顔を見せつけてやろうと、そうとうに熱いハートをたぎらせているだろう。我々がリバプールで見慣れているあの本来の顔を――。
 
 ロシア・ワールドカップの最優秀アフリカチーム、それがセネガルだ。論理的に考えれば、日本より力は上である。
 
 サムライブルーにとっての鍵は、「デュエルに勝てるキャパシティー」と「劣勢に立たされてもブレない軸」を維持できるか、そして、「攻撃のリスクを冒しすぎないこと」の3点に集約されるだろう。日本はどうしても勝利しなければならない義務的状況にはなく、ドローという結果をもぎ取れれば、かなりいい結果だと言える。
 
 ワールドカップのグループリーグでは、リスク管理やポイントの計算も的確に行なう必要がある。日本は試合を通じて一貫して、この点を頭の中に叩き込んでおかなければならないのだ。
 
文●レミー・ラコンブ(フランス・フットボール誌編集長)
翻訳●結城麻里

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ