「美しい運命を期待できるかも…」辛口の仏メディアは番狂わせの日本をどう評価した?

カテゴリ:日本代表

結城麻里

2018年06月22日

「長谷部と柴崎を連携させることでプラスアルファを」

フランスの権威ある大手紙は殊勲弾を挙げた大迫のパフォーマンスを「巨大」と評した。(C)Getty Images

画像を見る

「カチマシター! ニホン、カチマシター! カッター!」
 
 コロンビア対日本戦を中継していたフランス・ラジオ局『RMC』のフランス人ジャーナリストは、試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、こう叫んだ。完璧な日本語だった。
 
 これにフランス人聴衆はポカーン。スタジオの相棒ジャーナリストも意味が分からず、思わず「ケスクセ?(なにそれ?)」。次いで説明を聞いて「ブラボー!」と爆笑した。万が一の日本勝利に備えていた同僚への賛辞だった。
 
 強豪コロンビアを相手にした快勝劇は、フランスでも驚きをもって受け止められている。大喜びしたのは少数の日本びいきと、オッズの高い日本に賭けて賞金を当てた人びと。一般的な反応は、冷静かつ客観的なものだ。

 
 このうち権威ある全国スポーツ紙『L’Equipe』はコロンビアのつまずきを大々的に取り上げ、「4回の敗北を経て、サムライブルーがついにワールドカップで南米チームを打破」のサブタイトルがついた記事を掲げた。
 
 その記事はなによりまず、4月のヴァイッド・ハリルホジッチ監督解任劇を振り返り、そのうえで西野朗新監督が「いくつかの独自の変化をもたらしつつ、前任者の仕事に依拠することに成功した」と説明。「彼はフランス人兼ボスニア人が敷いた4-2-3-1システムを維持。だが中盤センターで主将のマコト・ハセベ(長谷部誠)にガク・シバサキ(柴崎岳)を連携させることで、技巧的かつ攻撃的なプラスアルファをもたらした」と分析している。
 
 2得点に絡んだ大迫勇也については、「センターフォワードであるユウヤ・オオサコの巨大なパフォーマンスのおかげで」勝利を掴めたと高く評価し、採点も異例の「8」をつけた。また香川真司についても「しばしば光り輝くプレーを見せ、タカシ・イヌイ(乾貴士)とオオサコがしっかり決めていれば、(PKでのゴールに)2アシストのおまけも付いていた」とまとめた。
 
 そのうえで、「もし決定力の高いシンジ・オカザキ(岡崎慎司)がここに調子を合わせるようなら、日本は今大会で美しい運命を期待できるかもしれない」と結んだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ