【橋本英郎】“ボランチ柴崎”のハイパフォーマンスに計り知れない衝撃を受けた!

カテゴリ:日本代表

橋本英郎

2018年06月22日

僕が考えていた理想のチームバランスが完璧に…

決して状態が悪くなかった香川に代えて本田を投入。このスイッチにもまた“西野イズム”が凝縮されていた。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 後半途中の香川選手から本田圭佑選手へのスイッチもハマりました。
 
 正直、その時点で香川選手の動きは悪くなかった。でも、局面を打開したり得点を挙げるためには、ひと超えが足りない。その点を考えてアクションを起こしたのです。試合前、引き分けでも御の字と言われていた強豪が相手です。たとえ10人になっても追いつく力があるのは明白でした。その状況でどこのポジションを代えていくのか。その答が香川選手だったのです。
 
 選手本人はかなり不満だったようですね。勝ち越し点を挙げる前でしたし、急いで引き上げることもしませんでした。彼の中で「引き分けOK」だったのなら問題はなかったのでしょうが、表情に表れていたように、「まだまだできる!」感覚があったんだと思います。是非ともその気持ちを次戦にぶつけてほしいですね。
 
 結果的に交代で入った本田選手の蹴ったコーナーキックが、大迫選手のゴールを呼び込みました。パフォーマンスが悪くない、でも状況打破するための交代カードを切る、そして切って結果がついてくる──。「運も実力のうち」ということです。

 
 もうひとつのポイントは、柴崎選手のハイパフォーマンスです。僕個人としては、計り知れない衝撃を受けました。
 
 ボランチで起用するにあたって、「守備が大丈夫か?」と心配される面はあったと思うんです。でも実際、彼はコロンビア戦でどれだけ相手の攻撃を止めたか! 山口蛍がいないと厳しいだろうと、個人的には見ていました。そんな僕自身が考えていた理想のチームバランスを完璧に覆してくれましたし、柴崎選手への評価が一変したのです。
 
 攻撃面では長短のパスを時間帯、シチュエーションを考えながら的確に配していましたね。まるで遠藤保仁選手を見ているかのような、そんな錯覚を感じたほどです。身体の向き、味方の状況、タイミング、頭の中をフル回転させてプレーしているのがよく分かりました。
 
 特にトラップが秀逸でしたね。パスを出す際、トラップが一連の流れに組み込まれていた。いつでもパスを出せる姿勢、受け方をしていました。
【関連記事】
「柴崎は絶対に使ったほうがいい」英誌の熟練記者が探る、西野ジャパンの“ベスト布陣”
【藤田俊哉の目】現地解説で衝撃!! 難敵のセネガル戦、私が推すスタメンは3バックで…
【セネガル戦はこのスタメンで戦え!!】柴崎岳は今やボランチの序列で長谷部誠を凌ぐか
【コラム】西野監督が全幅の信頼を置く長谷部誠。ただし2戦を通じて明らかになったチームの軸は…
「トライ」の代償は? 西野ジャパンが陥った“有難くない傾向”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ