「トライ」の代償は? 西野ジャパンが陥った“有難くない傾向”

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月12日

個々の「サッカー観」が激しくぶつかり合っている

ここから西野監督はチームをまとめることができるのか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 トライ、トライ、トライ──。西野朗監督はまるで呪文のように「トライ」を唱えている。ゼーフェルト合宿の初日に「パラグアイ戦まで全員を使う」と明言したが、まさか本当にそれに“トライ”するスタンスだったとは……。
 
 6月8日にスイスに敗れ、そのシナリオは崩れ去ったと勝手ながら思っていた。パラグアイ戦は軸を残しつつ、数人を入れ替える。その程度のマイナーチェンジで挑むのかと思いきや、パラグアイ戦の前日会見で「起用の少なかった選手を使いたい」と改めて言ったから驚きだ。
 
 パラグアイ戦でのテストが上手く行ったら、そのままのメンバーでコロンビア戦を戦うつもりなのか。チームの確固たるコンセプトが見えていないので、どうしてもそうした安易な発想になってしまう。
 
 正直、誰を使えば効果的なのかさえ分からない。実際、スイス戦で途中出場した武藤嘉紀、乾貴士、柴崎岳、香川真司はピッチで何を表現したか。いや、基礎工事も固まっていないチームで何かを表現しろというほうが無理か。
 
 いくら優秀なタレントがいても、チームとしてのコンセプトがなければ、ただ単にパスを繋ぐ集団になってしまう。その証拠に、スイス戦の映像を見直した長友佑都は次のように嘆いていた。「足もとにボールを繋ぐばかりでは……」と。
 
 コンセプトがなければ必然的にそうなるものだろう。この前のスイス戦で言えばダイレクトプレーも、効果的なスプリントも少ない。これらは、即席チームにありがちな傾向だ。まだ共通意識を持っていないから、とりあえずボールを回りましょうかと、そんな具合である。
 
 まずは選手の意見を取り入れるというやり方をした結果、西野ジャパンは収拾がつかないような状況になっているようにも見える。個々の「サッカー観」が激しくぶつかり合っていると言えばいいのだろうか。それこそまさに、即席チームにありがちな傾向だ。
 
 「トライ」という魔物の取りつかれた結果、思うようにチーム作りが進んでいない印象の西野ジャパン。コロンビア戦まで1週間。ここから方向性を一本化できたところで、どこまで組織力を高められるのか。サッカーはそんな甘いスポーツではないが……。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【パラグアイ戦のスタメン予想】トップ下は香川でCFは…。右サイドは仰天プランも?
【パラグアイ戦の3大チェックポイント】長友の言う“魂”とは? あの男の調子は? 8年前のような序列大逆転はあるか
【日本代表】ある意味、痛快。的を射すぎている「長友佑都の警告」
長友佑都が本田圭佑に苦言。「もっと走って、ミスを減らして」「このままでは3戦全敗」
「んなの気にしなさんな!」“金髪”長友佑都への妻・平愛梨の反応が超ポジティブと話題

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ